野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

2018年W杯2大会の開催地決定、U-23はニカラグア、U-15はパナマが舞台

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は6日、2018年に開催される野球ワールドカップ2大会の開催地を発表した。「第3回 U-23ワールドカップ」はニカラグア、「第4回 U-15ワールドカップ」はパナマと、いずれも中南米を舞台に熱い戦いが繰り広げられる。

2018年のU-23W杯はニカラグア、U-15W杯はパナマでの開催が決定【写真:Getty Images】
2018年のU-23W杯はニカラグア、U-15W杯はパナマでの開催が決定【写真:Getty Images】

日本はU-23で前回優勝、U-15はアジア1位で優勝決定

 世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は6日、2018年に開催される野球ワールドカップ2大会の開催地を発表した。「第3回 U-23ワールドカップ」はニカラグア、「第4回 U-15ワールドカップ」はパナマと、いずれも中南米を舞台に熱い戦いが繰り広げられる。

「第3回 U-23ワールドカップ」の舞台となるニカラグアでは、首都マナグアに新設された15000席を持つ球場、エスタディオ・デニス・マルティネスをメイン会場とし、12チームが優勝を争う。昨年メキシコで開催された第2回大会では日本が優勝。第3回大会にはディフェンディング王者として臨む。現在、出場が決まっているのは、日本、ベネズエラ、メキシコ、プエルトリコ、ドミニカ共和国、チャイニーズ・タイペイ、韓国、オランダ、チェコ、ニカラグアで、アフリカ地区とオセアニア地区から1チームずつが参加する。

 パナマで開催される「第4回 U-15ワールドカップ」は、従来の9イニング制から7イニング制にフォーマットが変更。昨年、福島県いわき市で開催された第3回大会では、日本は決勝でキューバに敗れ、準優勝だった。出場が決まっているのは、前回優勝キューバをはじめ、日本、アメリカ合衆国、ドミニカ共和国、パナマ、ブラジル、チャイニーズ・タイペイ、ドイツ、オランダで、アフリカ地区とオセアニア地区から1チームずつが参加する。

 来季も侍ジャパンが各カテゴリーで躍動する。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング