野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ヤ軍新監督、就任会見で大谷獲得失敗を“自虐ネタ”に 「私が任命されたから…」

ヤ軍新監督、就任会見で大谷獲得失敗を“自虐ネタ”に 「私が任命されたから…」

日本ハム・大谷翔平投手の争奪戦から脱落したヤンキースのアーロン・ブーン新監督が就任会見で獲得失敗を“自虐ネタ”にする一幕があった。米CBSスポーツ電子版が伝えている。

就任会見に臨んだヤンキースのアーロン・ブーン新監督【写真:Getty Images】
就任会見に臨んだヤンキースのアーロン・ブーン新監督【写真:Getty Images】

ヤンキース・ブーン新監督が大谷獲得失敗に言及

 日本ハム・大谷翔平投手の争奪戦から脱落したヤンキースのアーロン・ブーン新監督が就任会見で獲得失敗を“自虐ネタ”にする一幕があった。米CBSスポーツ電子版が伝えている。

 ヤンキースは二刀流右腕の獲得に総力を注ぎ込んでいたが、大谷サイドから面談の招待状が届かず、絞り込まれた7球団から脱落した形となった。獲得が絶望的となる中、6日(日本時間7日)に就任会見に臨んだブーン新監督は大谷獲得失敗を“ネタ”にしたという。

「私はキャッシュ(キャッシュマンGM)に電話したんだ。“君のためにオオタニを獲得できずに申し訳ない”と、ね。私が(監督に)任命されて、オオタニはここに来たくなくなってしまったんだ」

 現役時代にレッズやヤンキースなどでプレーした新指揮官はは茶目っ気たっぷりにこう語ったという。

人気記事ランキング