野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

清宮も早々に出場? 「選手ムダにしない」日ハム、過去10年ドラフト査定

日本ハムは育成枠での指名を行わない。そのために指名する選手の数は、12球団で最小だ。しかし、獲得する選手が少ないだけに、選手には多くのチャンスが与えられる。

今年1位指名でハム入団の清宮も早期に出番が回ってくるか【写真:石川加奈子】
今年1位指名でハム入団の清宮も早期に出番が回ってくるか【写真:石川加奈子】

育成枠で指名を行わない日ハム、選手には与えられる多くのチャンス

 日本ハムは育成枠での指名を行わない。そのために指名する選手の数は、12球団で最小だ。しかし、獲得する選手が少ないだけに、選手には多くのチャンスが与えられる。

 2008年から2016年までにドラフトで指名されて65人が入団したが、「1軍出場なし」は7人だけ。その中には、2014年以降のドラフトで入団した4人の現所属選手も含まれており、今後デビューを果たす可能性は十分にある。すでに58人が1軍公式戦に出場している。

 同時期に巨人には98人が入団したが、52人が「1軍出場なし」。4割強の44人しか1軍に出場していない。同じドラフトによるプロ入りでも、大きく状況が異なることがわかるだろう。

 過去10年のドラフト実績を振り返る。※は現時点でのNPB現役選手。

◯2008年
1位・大野奨太 捕 東洋大学・794試383安29本155点 3盗 打率.216※
2位・榊原諒 投 関西国際大学・146試11勝6敗0S32H 防御率2.87 オリックスへ
3位・矢貫俊之 投 三菱ふそう川崎・121試6勝8敗1S15H 防御率3.76 巨人へ
4位・土屋健二 投 横浜高・2勝3敗0S1H 防御率10.80 DeNAへ
5位・中島卓也 内 福岡工業高・743試470安1本120点 122盗 打率.241※
6位・杉谷拳士 内 帝京高・431試182安5本60点 35盗 打率.223※
7位・谷元圭介 投 バイタルネット・369試24勝20敗6S107H 防御率3.31 中日へ※

 大野は今や日本ハムの正捕手。今オフの、FA権の行使を宣言した。2位の榊原は新人王を獲得したが、以後振るわずオリックスを経て引退している。5位の中島は正遊撃手に。6位の杉谷は内野のユーティリティ、コミカルなキャラクターが人気だ。7位の谷元はブルペンを支え、今季途中に中日に移籍した。

◯2009年
1位・中村勝 投 春日部共栄高・59試15勝16敗0S0H 防御率3.92※
2位・大塚豊 投 創価大学・27試1勝1敗0S2H 防御率5.40
3位・加藤政義 内 九州国際大学・52試17安1本5点 1盗 打率.193 DeNAへ
4位・運天ジョン・クレイトン 投 浦添工業高・1試0勝0敗0S0H 防御率9.00
5位・増井浩俊 投 東芝・402試33勝28敗110S129H 防御率2.70 オリックスへ※
6位・荒張裕司 捕 徳島インディゴソックス(1軍出場なし)

 1位の中村は2014年に8勝を挙げるが、今年7月にトミー・ジョン手術に踏み切った。5位の増井はクローザーとして活躍するも、今オフにFAでオリックス移籍が決まった。

人気記事ランキング