野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「アツオ」の後継者は「マスオ」!? 鷹ドラ3増田がポスト松田に名乗り

会場に集まったファンを笑わせた。12月7日、福岡市内で行われたソフトバンクの新入団発表記者会見。支配下契約5選手、育成契約6選手の計11選手がお披露目されたこの席で、最も“存在感”を発揮したのは、ドラフト3位で指名された増田珠内野手(横浜高)だった。

ホークスの新入団会見に臨んだ増田珠【写真:藤浦一都】
ホークスの新入団会見に臨んだ増田珠【写真:藤浦一都】

横浜高校では高校通算33本塁打、プロでは三塁手に挑戦

 会場に集まったファンを笑わせた。12月7日、福岡市内で行われたソフトバンクの新入団発表記者会見。支配下契約5選手、育成契約6選手の計11選手がお披露目されたこの席で、最も“存在感”を発揮したのは、ドラフト3位で指名された増田珠内野手(横浜高)だった。

 会見では、まず「松田さんのような熱い男なりたいと思います。持ち味は声と元気なので、チームを盛り上げられる選手になりたい」と、チームのムードメーカーである松田宣浩内野手の名前を挙げ、“ポスト松田”に名乗り。

 プロで対戦したい選手を問われると「高校の先輩である藤平さんと対戦したいです。(どんな打球を?)ピッチャーライナーです」と、横浜高の先輩である楽天の藤平尚真投手との対戦を望み、先輩目掛けたライナーを放つことを宣言して、会見の招待されたファンクラブ会員の笑いを誘った。

 工藤公康監督が「キャラが濃い」と印象を語った11人のルーキーの中でも、その筆頭格ではなかろうか。誰もが緊張するはずの会見場に入ってきた時から表情は終始、笑顔。明るいキャラクターで横浜高、そして侍ジャパンU-18でもムードメーカーだった。

「チームを盛り上げていくのが自分の役割だと思っています。野球を始めた時から声を出していくタイプでした。高校ではまず監督、コーチに覚えられることが大事だったので、人一倍声を出していきました」といい、声と元気は増田にとってのセールスポイント。まさにソフトバンクにおける松田宣浩のようである。

人気記事ランキング