野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「サファテから一発」でブレイク 熾烈な外野争いに名乗りを上げるオリ23歳

オリックスで今年台頭した若手と言えば誰を思い浮かべるだろう。投手では山岡、黒木など新戦力の活躍が目立った。一方、野手では、3年目の大城とともにブレイクした選手がいる。5年目の23歳、武田健吾外野手だ。

オリックス・武田健吾【写真:荒川祐史】
オリックス・武田健吾【写真:荒川祐史】

高校時代は「新庄2世」と呼ばれるも…昨年までは1軍定着ならず

 オリックスで今年台頭した若手と言えば誰を思い浮かべるだろう。投手では山岡、黒木など新戦力の活躍が目立った。一方、野手では、3年目の大城とともにブレイクした選手がいる。5年目の23歳、武田健吾外野手だ。

 183センチの恵まれた体格を持つ右のスラッガーであり、俊足を生かした華麗な守備が魅力の武田。中学時代は陸上の県大会に出場したほど高い身体能力を誇り、自由ヶ丘高校時代から走・攻・守揃った選手として注目を浴びた。同じ福岡県出身の新庄剛志氏にあやかって「新庄2世」とも呼ばれ、2012年にオリックスから4位指名を受ける。

 高卒ということもあってルーキーイヤーはファームで経験を積んだが、いきなり安打、二塁打、打点などでチームトップの成績を収め、1軍でもプロ初安打を放つなど、その将来性に大きな期待を抱かせた。しかしその後は、ファームと1軍を隔てる高い壁に突き返されて、なかなか1軍定着が叶わない。昨季までの通算成績は26試合6安打0本塁打。ファームや守備ではポテンシャルを発揮していただけに、もどかしい4年間を過ごしていた。

 ただ、2016年オフにメキシコで開催された「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」に、侍ジャパンのメンバーとして出場すると、打率.455の大暴れ。日本の優勝に大きく貢献して、外野手部門のベストナインに選ばれた。この経験が自信になったのか、契約更改後の記者会見では「糸井さんが(FA移籍で)抜けたので、その穴は自分が埋めて、糸井さんよりも打ってやろうという気持ちが強いです」と、頼もしい発言も飛び出している。

人気記事ランキング