野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 大谷翔平で日本人4人目となるエンゼルス 松井秀喜は「赤ゴジラ」で話題

大谷翔平で日本人4人目となるエンゼルス 松井秀喜は「赤ゴジラ」で話題

大谷翔平がメジャーリーグの移籍先としてロサンゼルス・エンゼルスを選択した。エンゼルスに所属したNPB出身の日本人選手は、4人目ということになる。

エンゼルス在籍時の松井(左)と大谷翔平【写真:田口有史, Getty Images】
エンゼルス在籍時の松井(左)と大谷翔平【写真:田口有史, Getty Images】

過去に長谷川、松井、高橋ら所属のエンゼルス 大谷で日本人4人目

 大谷翔平がメジャーリーグの移籍先としてロサンゼルス・エンゼルスを選択した。エンゼルスに所属したNPB出身の日本人選手は、4人目ということになる。

日の丸を背負う逸材を育てるために―遅咲きの強打者・和田一浩氏が語る育成論(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 エンゼルスでプレーした最初のNPB出身日本人は、長谷川滋利だ。長谷川は立命館大からドラフト1位でオリックスに入団。6年間で57勝45敗4セーブ、防御率3.33という成績を上げ、新人王も獲得。1997年、トレードでエンゼルスに移籍。当時のチーム名はアナハイム・エンゼルスだった。エンゼルスでの戦績は以下。

1997年28歳 50試3勝7敗0S 116.2回 防御率3.93
1998年29歳 61試8勝3敗5S 97.1回 防御率3.14
1999年30歳 64試4勝6敗2S 77回 防御率4.91
2000年31歳 66試10勝5敗9S 95.2回 防御率3.48
2001年32歳 46試5勝6敗0S 55.2回 防御率4.04
計5年   287試30勝27敗16S442.1回 防御率3.85

 NPB時代は先発投手だったが、エンゼルスでの先発登板は8試合のみ。ほとんどが中継ぎだった。ロングリリーフもきく中継ぎ投手として活躍し、2000年には救援だけで10勝を挙げている。5年のうち3年間で60試合以上登板。防御率は良くなかったが、使い勝手の良い投手として重宝された。2002年、同じアメリカン・リーグ西地区のシアトル・マリナーズに移籍、イチローのチームメイトになっている。

人気記事ランキング