野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • エンゼルス、大谷獲得に沸くも…今後の「難題」を指摘する米メディアも

エンゼルス、大谷獲得に沸くも…今後の「難題」を指摘する米メディアも

日本ハムからポスティングシステム(入札制度)でのメジャー挑戦を目指していた大谷翔平投手が、エンゼルスへの入団を決めた。メディアが選定する若手有望株のランキングでは、早くも投手部門で1位に登場。米国では大きな盛り上がりを見せているが、一方でエンゼルスにはこの先に「難題」も待ち構えていると、米メディアが指摘してる。

メジャー7球団との面談を終え、正式にエンゼルスに入団することになった大谷翔平【写真:田口有史】
メジャー7球団との面談を終え、正式にエンゼルスに入団することになった大谷翔平【写真:田口有史】

大争奪戦を制して大谷獲得も…「骨の折れる仕事は始まったばかり」

 日本ハムからポスティングシステム(入札制度)でのメジャー挑戦を目指していた大谷翔平投手が、エンゼルスへの入団を決めた。メディアが選定する若手有望株のランキングでは、早くも投手部門で1位に登場。米国では大きな盛り上がりを見せているが、一方でエンゼルスにはこの先に「難題」も待ち構えていると、米メディアが指摘してる。

“戦友”から侍ジャパン稲葉監督へのエール「それが僕の素直な気持ちです」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 ESPNは「エンゼルスに難題:ショウヘイ・オオタニの今後の流れ」と題した特集記事を掲載。その中で「獲得競争を持ちこたえたことで、エンゼルスは満足を得ることができるだろう。しかしいくつかの点において、この骨の折れる仕事は始まったばかりだ。以下はオオタニと彼の新球団が乗り越えなければならない障害である」として、項目別に大谷獲得後の懸念点を記している。

 投打両面で圧倒的な能力を見せつけてきたことから、米国内でも「日本のベーブ・ルース」と呼ばれている大谷。ただ、その期待値は異常なまでに高まっており、注目度も抜群。日米のメディアが殺到することも予想される。

 記事では「期待をコントロールする」という項目で、イチロー獲得時にマリナーズのGMだったパット・ギリック氏の「我々は彼を成功させるために、あらゆる手を尽くしたかった。日本からやってきて、彼は適応できるのだろうかという疑念があった。日本の球場はより小さく、そしてレベルも異なっていた。人々はレベルの高いトリプルAだと考えていた」というコメントを紹介。「彼は開拓者のようだった」として、結果的にイチローが重圧をもろともせずに圧倒的な成績を収めたことを回顧している。

「オオタニは異なった道を開拓しようとしている。彼は並外れた注目を浴びるだろう。彼が素晴らしい二刀流の能力を有しているためである」

 大谷は日本時代から注目を浴びることには慣れているはずだが、エンゼルスがある程度のコントロールをすることは当然、必要となる。その点では、2010年に松井秀喜氏が所属していたことは、球団としてもプラス材料になるかもしれない。松井氏は2009年にワールドシリーズMVPに輝き、ヤンキースを契約満了となってエンゼルスと契約。その時もアナハイムには多くのメディアが集まっていた。

人気記事ランキング