野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

過去10年で12選手だけ ホークス東浜も掲げる「200イニング」の高い壁

今季のソフトバンク日本一の原動力と言えば、この男だろう。東浜巨投手。先発ローテの一角を開幕から担うと、ほぼ1年間ローテを守り抜き、パ・リーグ最多となる16勝をマークした。交流戦開幕や、リーグ戦再開、後半戦開幕、そしてクライマックスシリーズファイナルステージ初戦と、シーズンの節目となる試合で先発マウンドを託された。

ソフトバンク・東浜巨【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・東浜巨【写真:藤浦一都】

今季24試合に先発して16勝4敗、最多勝獲得の東浜が掲げる大きな目標

 今季のソフトバンク日本一の原動力と言えば、この男だろう。東浜巨投手。先発ローテの一角を開幕から担うと、ほぼ1年間ローテを守り抜き、パ・リーグ最多となる16勝をマークした。交流戦開幕や、リーグ戦再開、後半戦開幕、そしてクライマックスシリーズファイナルステージ初戦と、シーズンの節目となる試合で先発マウンドを託された。

 12月6日、ヤフオクドーム内の球団事務所で行われた契約更改交渉。日本一に大きく貢献した東浜は、球団からも1年の働きを高く評価され、交渉の末に今季推定年俸3600万円から2.5倍、5400万円増となる9000万円という大幅アップを勝ち取って契約を更改。その後の会見では「イニング数にこだわりたい。200イニングを目標に、最低でも180イニングは投げたい」と来季の目標を掲げていた。

 200イニング――。多くの先発投手が目標に掲げる数字である。東浜の場合は今季24試合に先発して投げたのは160イニングだった。40イニングの積み増しは、言うほど容易なものではない。今季はリーグ優勝決定後に腰の張りを訴えて離脱があった。離脱がなければ、26試合前後の先発数となっただろう。その26先発で200イニングに届かせるためには、1試合平均7.69回が必要となる。時に完投、そして大半で8回まで投げなければ、200という数字には届かない。

人気記事ランキング