野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

球団史上最大のアップ額 西武・菊池がクリアした“エースの条件”

最多勝利投手、最優秀防御率の2冠に輝いた菊池雄星。8日に臨んだ契約更改では単年2億4000万円でサインした。昨季の1億円から1億4000万円のアップは、球団史上最高の増額。26歳の左腕は「言わなくてもわかるんじゃないですか?多分、みなさんが想像している数字だと思います」と、意味深にはにかんだ。

今季最多勝利投手、最優秀防御率の2冠に輝いた西武・菊池【写真:上岡真里江 】
今季最多勝利投手、最優秀防御率の2冠に輝いた西武・菊池【写真:上岡真里江 】

2億4000万円でサイン、西武・菊池の未来に待つ“夢への扉”

 最多勝利投手、最優秀防御率の2冠に輝いた菊池雄星。8日に臨んだ契約更改では単年2億4000万円でサインした。昨季の1億円から1億4000万円のアップは、球団史上最高の増額。26歳の左腕は「言わなくてもわかるんじゃないですか?多分、みなさんが想像している数字だと思います」と、意味深にはにかんだ。

 誰もが納得の評価だろう。開幕前に自らの胸に期した、決して低くはない目標をすべてクリアした。

 昨年12勝を挙げ、自身初の2桁勝利に到達し、自他共に最低でも『15勝』が求められたが、それを上回る16勝。球団からの「背番号ぐらいは勝て」との期待にも見事に応えてみせた。

 本人が最もこだわったのが、「イニング数」だった。今季は、昨季までのエース岸孝之(楽天)がチームを去り、昨季勝ち頭の8年目左腕は必然的にエースの座を託された。“エースの条件”として菊池が掲げたのは「180イニング投げられるかどうか」。チームが優勝するためにも、常に「長い回を投げて、中継ぎを休ませたい」と話し、毎試合完投を目指した中で、リーグ2位タイの6完投をマーク。堂々チーグトップの187回2/3を投げ、名実ともに“エース”に価する存在であることを証明して見せた。

 そして、何よりも「嬉しかった」というのが、「ケガなく、1年間投げ切れたこと」だ。昨季も、初めて2桁勝利、規定投球回数に到達したものの、自身にとっては、脇腹の故障で1か月弱、戦線離脱した悔しさの方が強かった。その反省を成長につなげたという意味でも、大きかった。

人気記事ランキング