野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • エ軍GMが大谷の状態に太鼓判&手厚いサポート宣言「選手を危険にさらさない」

エ軍GMが大谷の状態に太鼓判&手厚いサポート宣言「選手を危険にさらさない」

大谷翔平投手のエンゼルス入り後に米メディアが報じた右肘へ懸念。これについてエンゼルスのビリー・エップラーGMはプレーに支障がないことを断言し、慎重に起用法を検討していくことを掲げている。MLB公式サイトが同GMの見解を詳細に伝えている。

エンゼルスへ入団することが決まった大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスへ入団することが決まった大谷翔平【写真:Getty Images】

右肘の治療が報じられた大谷、エップラーGMが状態に太鼓判

 大谷翔平投手のエンゼルス入り後に米メディアが報じた右肘へ懸念。これについてエンゼルスのビリー・エップラーGMはプレーに支障がないことを断言し、慎重に起用法を検討していくことを掲げている。MLB公式サイトが同GMの見解を詳細に伝えている。

日の丸を背負う逸材を育てるために―遅咲きの強打者・和田一浩氏が語る育成論(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 現地では米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」電子版が大谷について今年10月にPRP注射を施していたことを報じたことで、各メディアも続報を出す形に。再生療法の一種であるPRP療法は自身の血液から抽出した多血小板血漿(たけっしょうばんけっしょう)を注射するもので、この報道を受け、エップラーGMはあくまで予防的な措置との見方を示した。 

 その後、米ヤフースポーツは大谷の身体検査の結果、右肘に軽度の靭帯損傷が見られたことをレポート。今後さらにダメージを負えば、手術につながっていく危険性についても伝えたが、エップラーGMはその懸念も一蹴。MLB公式サイトが報じた特集の中で、「検査結果に満足」と大谷の状態に問題がないことを明確に打ち出した。

 同GMは記事の中で「彼は肘と肩の両方にMRIを用いて徹底的に身体検査を行った」とし、「投手と契約する時は毎回この検査を行う。MRIの分析結果によると、彼の肘には深刻な兆候や新しい損傷はなかった。彼の肘は他の同年代の投手たちと一致するように見え、消耗度合いからしても自然である。我々は検査結果に満足している」と断言している。

人気記事ランキング