野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • 打者48人、投手16人 投手のハードル高い名球会入り、次なる資格達成は?

打者48人、投手16人 投手のハードル高い名球会入り、次なる資格達成は?

毎年、様々な記録が達成されるプロ野球界。今季は中日の岩瀬仁紀投手が通算954試合登板、ソフトバンクのデニス・サファテ投手が54セーブ、則本昂大投手が8試合連続2桁奪三振といったプロ野球新記録が誕生する1年となった。また、中日の荒木雅博内野手、巨人の阿部慎之助内野手、阪神の鳥谷敬内野手の3人が通算2000安打を達成した。

来シーズンに大台の250セーブ到達なるか注目のサファテ【写真:藤浦一都】
来シーズンに大台の250セーブ到達なるか注目のサファテ【写真:藤浦一都】

今季は荒木、阿部、鳥谷、青木が2000安打を達成

 毎年、様々な記録が達成されるプロ野球界。今季は中日の岩瀬仁紀投手が通算954試合登板、ソフトバンクのデニス・サファテ投手が54セーブ、則本昂大投手が8試合連続2桁奪三振といったプロ野球新記録が誕生する1年となった。また、中日の荒木雅博内野手、巨人の阿部慎之助内野手、阪神の鳥谷敬内野手の3人が通算2000安打を達成した。

 そして、青木宣親外野手は日米通算2000本安打を6月に達成。2000本安打は、投手の200勝、250セーブとともに名球会の入会資格とされており、昨季の広島・新井貴浩、阪神・福留孝介の2人に続き、今季は4人の打者が名球会の仲間入りを果たすことになった。

 荒木、阿部、鳥谷、青木が加わり、名球会の打者の会員は51人(会員48人、名誉会員3人)に。これに対して投手は20人(会員16人、名誉会員4人)と、数少ない。現代の日本のプロ野球では、先発中6日制が定着し、先発投手が1シーズンで先発するのは25試合前後。20勝を挙げるのも至難の技と言えるだろう。200勝に到達するには、20勝で10年、15勝で14年必要で、相当に高いハードルである。

 通算250セーブは、球界に投手分業化が進んだこともあって2003年12月に新たに入会資格に加えられたもの。そこから佐々木主浩、高津臣吾、岩瀬の3人が達成している。2000本安打は、ソフトバンクの内川聖一、ロッテの福浦和也、巨人から自由契約になった村田修一の3人が到達に近づいているものが、日米通算200勝、日米通算250セーブの到達が近い選手は誰か。近年の達成者とともに見てみると、そのハードルが高いことが、よく分かる。

人気記事ランキング