野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

壮大な“自作自演”、驚異のレーザーも…今季の好珍プレー集【オリックス編】

パ・リーグ6球団の珍プレー好プレー3傑を独断でピックアップし紹介していきたい。ロッテ、日本ハムに続き、今回は、パ・リーグ4位だったオリックスだ。

オリックスのクリス・マレーロ【画像:(C)PLM】
オリックスのクリス・マレーロ【画像:(C)PLM】

ほっともっと恒例の?花火の煙で試合中断…

 プロ野球界はシーズンオフとなり、契約更改や移籍などがニュースとなる時期だ。15日には日本ハムが新外国人獲得を、巨人は今季中日でプレーしていたゲレーロの獲得を発表。各球団が来季に向けた編成を進めていっている。

【PR】「DAZN」ならオリックス戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 キャンプが始まるまで、あと1か月半ほど。ファンは選手たちの華麗なプレー、手に汗握る熱い試合が早くも恋しくなっていることだろう。そんな中で、パ・リーグオフィシャルメディア「パ・リーグTV」では各球団の珍プレー好プレーを集めた動画を公開中。ここでは、パ・リーグ6球団の珍プレー好プレー3傑を独断でピックアップし紹介していきたい。ロッテ、日本ハムに続き、今回は、パ・リーグ4位だったオリックスだ。

【珍プレー】
(3)雨天中断ならぬ…
 4月7日のほっともっとフィールド神戸で行われた日本ハム戦でのこと。5回裏の攻撃終了後に、年に数試合開催される「花火ナイト」が実施されたのだが、風向きの関係で花火の煙がグラウンド内に充満するアクシデントが発生。煙が晴れるまでの間、試合が中断し、球場スタッフはグラウンド内に落ちた花火の残骸を拾い集めるハプニングが起きた。中断の間、先発の金子千尋は煙の中でモクモクと投球練習を行っていた。

(2)先輩のイタズラにルーキー冷や汗
 5月16日のソフトバンク戦。同点で試合終盤を迎えると、8回には金子千尋の後を受けてルーキー黒木がマウンドへ。右腕が1イニングを完璧に封じ、その裏に味方が勝ち越しに成功。嬉しいプロ初勝利が転がり込んだ。試合後のスタンドへの一礼後、試合を締めた平野は手に持っていたボールをスタンドへポイッ。横にいた黒木は記念のウイニングボールを放り込まれたと勘違いして大慌て。実はこれ、先発の金子千尋が仕込んだ別のボール。本物のウイニングボールは平野のグラブの中に収まっており、無事に本人の手に渡っていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」