野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 阿部ら2000安打、源田は史上4人目快挙 2017年に生まれた数々の記録たち

阿部ら2000安打、源田は史上4人目快挙 2017年に生まれた数々の記録たち

球史に名を残す記録も、また、楽しみの1つである。そこで、今季達成された記録を回顧し、2017年のシーズンを振り返ってみよう。

西武・源田壮亮【写真:上岡真里江】
西武・源田壮亮【写真:上岡真里江】

2000安打達成の巨人阿部は50人目の通算2000試合出場も

 ソフトバンクが2年ぶり8度目の日本一に輝き、幕を閉じた2017年のプロ野球。世は寒さが厳しくなり、クリスマスムードも高まり、野球界はすっかりシーズンオフである。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 今季も長く険しい戦いを繰り広げる中で、選手たちは興奮や感動、時に笑いといった様々なものを我々に与えてくれた。球史に名を残す記録も、また、楽しみの1つである。そこで、今季達成された記録を回顧し、2017年のシーズンを振り返ってみよう。

 まずは打者の個人記録編だ。

 通算記録では、3選手が達成した偉大な記録に触れないわけにはいかない。名球会の入会資格となっている通算2000本安打。今季は中日の荒木雅博内野手、巨人の阿部慎之助内野手、阪神の鳥谷敬内野手が達成(メッツの青木宣親外野手は日米通算2000安打を達成)。鳥谷で史上50人目の達成者となった。また、阿部は史上50人目となる通算2000試合出場にも到達した。

 阪神の福留孝介外野手は通算350二塁打を記録し、これは史上41人目。300二塁打はオリックスの中島宏之内野手、西武の栗山巧外野手が達成し、68、69人目の達成者となった。巨人の村田修一内野手(オフに自由契約に)と西武の中村剛也内野手は通算350本塁打に乗せ、史上29、30人目となった。

 通算250本塁打はロッテの井口資仁内野手(現監督)、福留が達成し、200本塁打には楽天の松井稼頭央外野手(オフに西武へ移籍)、ソフトバンクの松田宣浩内野手、ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手の3選手が到達。達成者は102人となった。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬