野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス和田が契約更改“恒例”の環境改善提案、怪我をして分かった課題とは

ソフトバンクの和田毅投手が18日、福岡市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、現状維持の年俸4億円で契約を更改した(金額は推定)。和田は例年、契約更改の席で球団に対して様々な改善案を出している。昨年は、ファーム施設のある筑後へ通うスタッフらの通勤にかかる交通費を球団で負担できないか、というものだったが、今年は2つの提案を行なった。その1つが、リハビリ組の状況改善についてだった。

契約更改に臨んだソフトバンク・和田毅【写真:藤浦一都】
契約更改に臨んだソフトバンク・和田毅【写真:藤浦一都】

昨オフは球団スタッフの筑後への交通費負担を球団に要望

 ソフトバンクの和田毅投手が18日、福岡市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、現状維持の年俸4億円で契約を更改した(金額は推定)。和田は日本球界に復帰した2015年オフに3年契約を結んでおり、来季はその3年目となる。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&ソフトバンク戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 今季は開幕直後から左肘の違和感に苦しみ、5月には左肘の遊離軟骨除去手術を受けた。シーズン終盤に復帰したものの、登板は8試合にとどまり、4勝0敗、防御率2.49の成績。和田本人も「今年1年貢献できなかったことを謝りました。申し訳ない1年だったと話しました」と語った。

 その和田は例年、契約更改の席で球団に対して様々な改善案を出している。昨年は、ファーム施設のある筑後へ通うスタッフらの通勤にかかる交通費を球団で負担できないか、というものだったが、今年は2つの提案を行なった。その1つが、リハビリ組の状況改善についてだった。

 今季、和田は左肘の手術を受け、シーズンの大半をリハビリ組として過ごした。リハビリ組は福岡・筑後市にあるファーム施設「HAWKS ベースボールパーク筑後」まで通っており、「ヤフオクドームの近くにリハビリ組がリハビリをできる施設があれば」と要望。「ジェンセンが怪我しながら、新幹線に乗っているのを見て可哀想だな、と思った」。外国人のカイル・ジェンセン内野手(今季限りで退団)が右内転筋の肉離れを負った際に、足を引きずりながら新幹線に乗る姿を見たことがきっかけだった。

「足をもし骨折したら、松葉杖をついて新幹線で行かないといけないのかな、とか。ドームのそば、福岡市内にあれば便利だなと」と和田。今オフの契約更改交渉では、寮生だった上林がシーズン中盤以降に筑後の選手寮からの通いとなり、それが肉体の負担となったことを訴えたが、リハビリ組という観点からも、筑後という立地について選手サイドから課題を出される形となった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」