野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

今宮11人目の2億超え、嘉弥真は倍の4000万…ソフトバンク、20日の契約更改

2年ぶり8度目の日本一となったソフトバンクは20日、福岡市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、新たに2選手と来季の契約を更改した。

ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】

今宮は今季の1億4500万円から7500万円の大幅アップ

 2年ぶり8度目の日本一となったソフトバンクは20日、福岡市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、新たに2選手と来季の契約を更改した。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 今季、141試合に出場し、キャリアハイの打撃成績を残した今宮健太内野手は7500万円増の2億2000万円でサイン。5年連続5度目のゴールデングラブ賞、3年ぶり2度目のベストナインを受賞。今季限りで松坂大輔投手が退団したものの、今宮で2億超えの選手は再び11人となった。左キラーとして58試合に投げた嘉弥真新也投手は2度目の交渉で、倍増となる4000万円でサインした。

○嘉弥真新也(2000万円→4000万円)
58試合(0先発)2勝0敗0セーブ14ホールド 防御率2.76
「球団からは日本一に貢献してくれてありがとうと言ってもらいました。日本一になれましたし、58試合に投げられて、とてもいい1年になったと思います。来季も50試合以上は投げたいですし、1イニングを任せてもらえるように、今の役割が不満なわけじゃないですけど、もう1つレベルアップするためには1イニングを任されるようになりたい」

○今宮健太(1億4500万円→2億2000万円)
141試合526打数139安打14本塁打64打点15盗塁 .264
「最高の評価をしていただきました。キャリアハイの成績を残すことはできましたが、大した成績ではない。それなのにいい評価をしていただいた。その期待に来季応えられるようにしたい。球団からはリーダーシップをもっと発揮出来るようにと言われましたし、それは来季の目標でもある。今年の数字を見て、これが最低限のラインと思っている。それを越える数字を出すことが大事になってくると思っています」

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」