野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

爆笑の中に垣間見えた強い思い 人的補償で西武入りの高木が秘める新たな夢

国内フリーエージェント(FA)権を行使し巨人に移籍した野上亮磨の人的補償として西武に入団した高木勇人が20日、球団事務所(埼玉県所沢市)で記者会見を行った。背番号は『20』に決まった。

西武への入団会見を行った高木勇人【写真:上岡真里江】
西武への入団会見を行った高木勇人【写真:上岡真里江】

早くも“高木ワールド”全開、人的補償で西武加入の右腕が爆笑会見

 国内フリーエージェント(FA)権を行使し巨人に移籍した野上亮磨の人的補償として西武に入団した高木勇人が20日、球団事務所(埼玉県所沢市)で記者会見を行った。背番号は『20』に決まった。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 笑いの多い会見となった。高木といえば、お立ち台でのおもしろ発言が有名で、人気の一因となっているが、新天地での初舞台も、早速報道陣を“高木ワールド”に巻き込んだ。

 18日に巨人球団から告げられた突然の移籍通達に、「いきなりだったので、びっくりしました」と、率直な思いを口にした28歳右腕。「前日(17日)にもイベントに参加していて、最後のコメントで、『来年もここに来ま~す!』と言っていたのに、次の日、『ありがとうございました』って頭を下げてました」と、事の急転ぶりを笑いを交えて説明した。

 また、パ・リーグは打席に立たないという話題に話が及ぶと、「指を詰める心配もないですしね(笑)」。今年4月19日のヤクルト戦で自身の打席でバントをした際、右指を投球とバットの間に挟み、長期離脱した苦い経験を自虐ネタにし、爆笑を誘った。

 もちろん、心の中は多いなる希望に満ちている。わずか3年でのプロテクト外に、内心、ショックは小さくないはずだ。だが、「昔から、ジャイアンツが好きで、ジャイアンツを倒すために違うチームに入ってというのは考えていました。ジャイアンツが大好きだからこそ、ジャイアンツの選手と対戦したいというのが、野球を始めてからすぐに持っていた夢でした。だからこそ、すごく良いチャンスが来たなと思っています」。

 2014年ドラフト3位で指名してもらい、3年間お世話になった、愛して止まない巨人への想いの深さを、今後は“打倒”という形で伝えていく。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬