野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • “崩壊”危機マーリンズ、ジーター氏はトレード志願の主力と話し合う予定なし

“崩壊”危機マーリンズ、ジーター氏はトレード志願の主力と話し合う予定なし

主力を大量放出し、チーム再建を進めているマーリンズ。しかし、デレク・ジーター新オーナーらによる“改革”は賛否両論を呼んでおり、選手やファンからも不満の声が上がり始めている。立て直しの柱になると見られていたJ・T・リアルミュート捕手がトレードを志願し、クリスチャン・イエリッチ外野手も球団側との話し合いを望んでいるが、最高経営責任者(CEO)のジーター氏は両者との面談に“出馬”しないと表明しているという。

マーリンズの新オーナーに就任したデレク・ジーター氏【写真:Getty Images】
マーリンズの新オーナーに就任したデレク・ジーター氏【写真:Getty Images】

不満の声噴出も…イエリッチ、リアルミュートとは話し合わない考えを明かす

 主力を大量放出し、チーム再建を進めているマーリンズ。しかし、デレク・ジーター新オーナーらによる“改革”は賛否両論を呼んでおり、選手やファンからも不満の声が上がり始めている。立て直しの柱になると見られていたJ・T・リアルミュート捕手がトレードを志願し、クリスチャン・イエリッチ外野手も球団側との話し合いを望んでいるが、最高経営責任者(CEO)のジーター氏は両者との面談に“出馬”しないと表明しているという。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 マーリンズは今オフ、今季盗塁王のディー・ゴードン内野手をマリナーズ、本塁打王&打点王の2冠でMVPに選出されたジャンカルロ・スタントン外野手をヤンキース、そして打率.312&37本塁打&124打点とキャリア最高の成績をマークしたマルセル・オズナ外野手をカージナルスに、それぞれトレードで放出。さらに、4番手外野手としてチームを支え、若手のお手本としても絶大な信頼を集めていたイチロー外野手の2018年契約オプションも行使しなかった。

 主力を放出して総年俸を削減し、有望な若手を中心にチームを立て直す。これはメジャーリーグにおいて球団再建の“常套手段”だが、放出された選手が人気者であったこと、働き盛りの年齢であること、しかも代わりに獲得した若手選手の質がそれほど良くないこと、などから不満が噴出。残されたリアルミュートやイエリッチが不信感をつのらせていると米メディアは報じ、再建のはずが“崩壊”危機の状態となっている。

 また、19日夜(日本時間20日)にマーリンズパークで行われた年間チケット保有者との公開討論会では、出席したジーター氏に対して、ファンから厳しい声が続出。スタントンやイチローの退団に涙ぐむ女性もいたと報じられている。そして、その場でのジーター氏の発言が、ここにきて話題となっている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」