野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • もしもNPBが2期制だったら…【パ編】前期優勝は楽天、山川が後期“3冠王”

もしもNPBが2期制だったら…【パ編】前期優勝は楽天、山川が後期“3冠王”

今季NPBのペナントレースを前後期に分けたらどうなるだろう。実は、ここから面白いことがいろいろ分かってくる。試合消化のペースが異なるため、前後期にきちっと分割することはできないが、総試合数の約半分を消化した6月末で区切って、前後期の成績を見てみたい。

打棒で西武を牽引した山川穂高【写真:編集部】
打棒で西武を牽引した山川穂高【写真:編集部】

パでは1973年から10年間2シーズン制を採用

 オールドファンは覚えておられるだろうが、パ・リーグは1973年から82年まで2シーズン制を導入していた。ペナントレースを前期、後期に分け、前後期の勝者でプレーオフを戦い、その勝者が日本シリーズに進出した。

「見たことがない球が来る」 404発スラッガー中村紀洋氏が語る世界との闘い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 今季NPBのペナントレースを前後期に分けたらどうなるだろう。実は、ここから面白いことがいろいろ分かってくる。試合消化のペースが異なるため、前後期にきちっと分割することはできないが、総試合数の約半分を消化した6月末で区切って、前後期の成績を見てみたい。

 まずは、パ・リーグから。

【前期】
1楽天 66試44勝21敗1分 勝率0.677 差–
2ソフトバンク 74試47勝27敗0分 勝率0.635 差1.5
3西武 68試36勝30敗2分 勝率0.545 差8.5
4オリックス 70試32勝37敗1分 勝率0.464 差14
5日本ハム 71試29勝42敗0分 勝率0.408 差18
6ロッテ 71試22勝48敗1分 勝率0.314 差24.5

 前期だけなら、楽天がソフトバンクを僅差でかわして優勝していた。西武が3位、ロッテはわずか71試合で首位と24.5ゲーム差と大きく水をあけられ、最下位だった。

【後期】
1ソフトバンク 69試47勝22敗0分 勝率0.681 差–
2西武 75試43勝31敗1分 勝率0.581 差6.5
3ロッテ 72試32勝39敗1分 勝率0.451 差16
4楽天 77試33勝42敗2分 勝率0.440 差17
5日本ハム 72試31勝41敗0分 勝率0.431 差17.5
6オリックス 73試31勝42敗0分 勝率0.425 差18

 ソフトバンクの勝率は前期も6割を超えていたが、後期はさらに加速して7割近い勝率で首位に立つ。楽天は9つ負け越し。梨田監督は「前期と後期では別のチーム」と言ったが、数字でもそれが表れている。ロッテは4割台ながら3位、実は後半は巻き返していたのだ。

人気記事ランキング