野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • もしもNPBが2期制だったら…【セ編】広島がW制覇、DeNAの日本S進出はなし

もしもNPBが2期制だったら…【セ編】広島がW制覇、DeNAの日本S進出はなし

もし今季NPBが2シーズン制を導入していたら…? 実は、ここから面白いことがいろいろ分かってくる。試合消化のペースが異なるため、前後期にきちっと分割することはできないが、総試合数の約半分を消化した6月末で区切って、前後期の成績を見てみたい。

広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】
広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】

後期に阪神が加速、巨人は前期の“負債”が足かせ

 もし今季NPBが2シーズン制を導入していたら…? 実は、ここから面白いことがいろいろ分かってくる。試合消化のペースが異なるため、前後期にきちっと分割することはできないが、総試合数の約半分を消化した6月末で区切って、前後期の成績を見てみたい。

「見たことがない球が来る」 404発スラッガー中村紀洋氏が語る世界との闘い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 今回はセ・リーグを。

【前期】
1広島 72試45勝26敗1分 勝率0.634 差–
2阪神 70試37勝33敗0分 勝率0.529 差7.5
3DeNA 72試35勝35敗2分 勝率0.500 差9.5
4中日 74試33勝38敗3分 勝率0.465 差12
5巨人 71試31勝40敗0分 勝率0.437 差14
6ヤクルト 71試28勝42敗1分 勝率0.400 差16.5

 前期の上位3球団は、今季の最終順位と同じ顔ぶれだった。6月に球団ワーストの13連敗を喫した巨人は5位に沈んでいる。

【後期】
1広島 71試43勝25敗3分 勝率0.632 差–
2阪神 73試41勝28敗4分 勝率0.594 差2.5
2巨人 72試41勝28敗3分 勝率0.594 差2.5
4DeNA 71試38勝30敗3分 勝率0.559 差5
5中日 69試26勝41敗2分 勝率0.388 差16.5
6ヤクルト 72試17勝54敗1分 勝率0.239 差27.5

 広島はシーズン通して好調を維持。阪神は後期さらに勢いを増して6割近い勝率を記録した。巨人も阪神と同率2位だったが、前期の“負債”が足を引っ張り、DeNAに追いつくことができなかった。この4チームが5割を大きく越え、中日とヤクルトは蚊帳の外だった。

人気記事ランキング