野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス中田、1000万円減の8500万円で新たに単年契約「先発をもぎ取る」

23日、ソフトバンクの中田賢一投手が契約更改に臨み、1000万円ダウンの推定年俸8500万円で新たに単年契約を結んだ。

契約更改に臨んだソフトバンク・中田賢一【写真:藤浦一都】
契約更改に臨んだソフトバンク・中田賢一【写真:藤浦一都】

4年契約が終了、100勝へ残り5勝も「高いレベルで争いができていることが一番」

 23日、ソフトバンクの中田賢一投手が契約更改に臨み、1000万円ダウンの推定年俸8500万円で新たに単年契約を結んだ。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 4年契約のラストイヤーは、18試合に登板して7勝6敗、防御率4.57の成績を残した。若手の台頭で先発ローテからは外れたものの、球団からは「1年間ケガなく、準備をしてもらった。来季は先発で頑張ってほしい」との言葉をもらったという。

「リリースポイントを安定させて、強い球を安定して投げられるようにしたい。そのためにオフには多めに球を投げていこうと思っている」と中田は話す。

「いい投手が多いので先発をもぎ取っていかないといけない。終盤はいい形で投げられていたが、登板機会をもらえなかったのでもっとアピールしていきたい」

 プロ通算100勝まで残り5勝だが、「100という数字よりも、すごく高いレベルで(チーム内の)争いができていることが一番。開幕ローテに入れるように、キャンプでもう1つレベルアップしたものをみせていきたい」と、区切りの記録よりもローテ定着にこだわっていく。

 ソフトバンクに移籍して4年が経過したが“無事これ名馬”を地で行くベテラン右腕。移籍直後の2桁勝利の再現を目指して、来季もシーズンを駆け抜ける。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」