野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

岩嵜が16人目の1億超え、柳田8人目の4億超え…ホークス23日の契約更改

2年ぶり8度目の日本一に輝いたソフトバンクは23日、福岡市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、新たに3選手と来季の契約を更改した。

3年総額12億円プラス出来高払いの大型契約を締結した柳田悠岐【写真:藤浦一都】
3年総額12億円プラス出来高払いの大型契約を締結した柳田悠岐【写真:藤浦一都】

柳田は1億4000万円増の4億円で3年契約、岩嵜は6800万円増の1億3000万円

 2年ぶり8度目の日本一に輝いたソフトバンクは23日、福岡市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、新たに3選手と来季の契約を更改した。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 球界屈指の打者に成長した柳田悠岐外野手は、来季中に国内FA権を取得する見込みのため、3年総額12億円プラス出来高払いの大型契約を締結。今季は右脇腹肉離れの離脱などもありながら、130試合に出場して打率.310、31本塁打、99打点の好成績をマークした。今季の2億6000万円から1億4000万円の大幅アップとなった。18日に4億円の2年契約で契約を更改した内川聖一外野手に続く4億円プレーヤーの誕生で、ソフトバンクの4億超え選手は驚異の8人となった。

 セットアッパーとして球団史上最多の72試合に登板した岩嵜翔投手は6800万円増の1億3000万円で契約を更改。守護神のサファテに繋ぐ役目を十二分に果たし、6勝3敗2セーブ40ホールドの好成績をマークして最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した。プロ10年目で1億の大台を突破し、これでソフトバンクの1億円プレーヤーは16人目となった。2013年オフにFAでソフトバンクに移籍し、その際に結んだ4年契約が終了した中田賢一投手は1000万円減の8500万円でサインした。

○岩嵜翔投手(6200万円→1億3000万円)
72試合6勝3敗2セーブ40ホールド 防御率1.99

「かなり高い評価をしてもらいました。1年間、シーズンとポストシーズンとよく投げてくれて感謝していると言ってもらいました。1年間戦い抜けたのは自信になりましたし、たくさん投げた中でここまで出来たというのも自信になりました。来季も60試合は絶対に投げたいですし、2年連続で(最優秀中継ぎの)タイトルを取りたい」

○柳田悠岐外野手(2億6000万円→4億円)3年契約締結
130試合448打数139安打31本塁打99打点 打率.310
「素晴らしい契約をしてもらいました。凄いお金です。ホークスに必要な選手でずっとホークスでやってほしいと言ってもらいました。嬉しかったですし、プロに入った時にこういう選手になりたいと想像して入って、まさか本当にそうなれるとは思ってなかったので嬉しかった。それと引き換えにチームをもっと引っ張っていきたいな、日本一の選手になりたいなと思っています」

○中田賢一(9500万円→8500万円)
18試合7勝6敗0セーブ0ホールド 防御率4.57
「怪我なく1年間準備してくれてというのと、来年は先発としてやってほしいと言っていただきました。先発として、いい投手がたくさんいるので、先発の6人の中に入っていくためには、プラスアルファのレベルアップをしないといけない。自主トレで、コレという武器を作って臨みたいと思います」

※金額は推定。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬