野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 平野佳寿
  • Dバックス平野は「サプライズ的な存在に」 米データサイトが活躍を予想

Dバックス平野は「サプライズ的な存在に」 米データサイトが活躍を予想

リリーバーとして日本で実績十分の平野は、メジャーでも活躍できるのか。野球専門の米データサイト「ファングラフ」は、今春のWBCでメジャー屈指の強打者を三振に斬ってとった場面を振り返りつつ、「サプライズ的な存在になるチャンスもある」と分析している。

WBCでも好投を披露した平野佳寿【写真:Getty Images】
WBCでも好投を披露した平野佳寿【写真:Getty Images】

出来高含め2年最大9億超で契約「平野は重要なイニングを任される」

 ダイヤモンドバックスは22日(日本時間23日)、オリックスから海外フリーエージェント(FA)権を行使してメジャー移籍を目指していた平野佳寿投手と2年契約を結んだことを発表した。リリーバーとして日本で実績十分の右腕は、メジャーでも活躍できるのか。野球専門の米データサイト「ファングラフ」は、今春のWBCでメジャー屈指の強打者を三振に斬ってとった場面を振り返りつつ、「サプライズ的な存在になるチャンスもある」と分析している。

 ダイヤモンドバックスは今季、93勝69敗のナ・リーグ西地区2位でプレーオフに進出し、ワイルドカードゲームではロッキーズを撃破。地区シリーズでは、レギュラーシーズン104勝を挙げたドジャースに3連敗を喫したものの、来季は更なる躍進を目指している。ただ、クローザーを務めたフェルナンド・ロドニーがFAとなってツインズに移籍したため、救援投手の補強が必要となっていた。

 記事では、予算に限りのあるダイヤモンドバックスが、レイズからブラッド・ボックスバーガーをトレードで獲得し、平野と2年総額600万ドル(約6億8000万円)、1年毎に100万ドル(約1億1300万円)の出来高がつく総額800万ドル(約9億600万円)という契約を結んだことを紹介。大物FA選手ではない投手でブルペンを強化したと触れている。

 昨年セットアッパーとしてブレークしたアーチー・ブラッドリーを加えた3人が、終盤の3イニングを任されると米メディアは予想しており、「ファングラフス」も「ブラッドリー、ボックスバーガー、平野の3人いずれもがクローザーを務めることができるだろう。Dバックスもどの起用法が効果を生み出すのかまだ分かっていないだろうが、平野はいずれにせよ重要なイニングを任されることだろう」としている。

人気記事ランキング