野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

福岡で迎えるプロ9年目 26歳の未完の大器はホークスで覚醒するか

今オフ、斐紹選手との交換トレードで、楽天から移籍してきた26歳の西田。三笠球団統括本部長は「内野手の層を厚くしたかった」と語っており、福岡ソフトバンクの内野のポジション争いにどのように絡んでくるのか、注目が集まる。

ソフトバンクに加入した西田哲朗【写真:藤浦一都】
ソフトバンクに加入した西田哲朗【写真:藤浦一都】

楽天からソフトバンクへ移籍した西田

 2017年11月、福岡ソフトバンクがキャンプを張る宮崎県で、西田哲朗内野手の入団会見が行われた。今オフ、斐紹選手との交換トレードで、楽天から移籍してきた26歳の西田。三笠球団統括本部長は「内野手の層を厚くしたかった」と語っており、福岡ソフトバンクの内野のポジション争いにどのように絡んでくるのか、注目が集まる。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 西田は、関西大学第一高校で通算37本塁打を誇り、俊足強打の内野手として2009年にドラフト2位で楽天に指名された。入団会見では、「全力疾走など、元気のあるところ」をアピールポイントに挙げていたが、そのフレッシュなコメント通り、明るいキャラクターでチームメイトとファンに愛されてきた選手だ。

 2011年まではファームを主戦場として好成績を残し、2012年から徐々に1軍の試合出場を増やしていく。ただ打撃不振と度重なる怪我に苦しめられ、2013年は26試合の出場で打率1割台という悔しい結果に終わり、チームが球団創設初の日本一に駆け上がる過程で、大きな役割を果たすことはできなかった。

 しかしプロ5年目の2014年は、西田にとって飛躍のシーズンとなる。松井稼頭央選手(現埼玉西武)が三塁手や外野手としての出場機会を増やした影響で、遊撃手の定位置争いが勃発。そこで頭角を現したのが、ファームで力を蓄えていた西田だった。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬