野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

大型契約予測もダルビッシュは“お買い得”!? 米紙が移籍注目8選手を選出

メジャー各球団が来季に向けた補強を進めている中、米メディアでは今オフの“お買い得選手”を特集。数々のスーパースターとともにドジャースからフリーエージェント(FA)になったダルビッシュ有投手も選出されている。

去就が注目されるダルビッシュ有【写真:Getty Images】
去就が注目されるダルビッシュ有【写真:Getty Images】

驚異の奪三振率11.0で「奪三振アーティスト」の高評価

 メジャー各球団が来季に向けた補強を進めている中、米メディアでは今オフの“お買い得選手”を特集。数々のスーパースターとともにドジャースからフリーエージェント(FA)になったダルビッシュ有投手も選出されている。

 特集記事を掲載したのは、米全国紙「USAトゥデー」電子版だ。救援投手市場が積極的な動きを見せると同時に、強打の捕手・一塁手カルロス・サンタナがフィリーズ、一塁手ヨンダー・アロンソがインディアンス、三塁手エバン・ロンゴリアがジャイアンツへ移籍。新年を目前に移籍市場はピークを迎えている。ここからキャンプインに向けてのストーブリーグ後半戦で注目される選手の中でも、ダルビッシュは「お買い得。追い求める価値がある」と評価されている。

 トレードが噂されるレイズ右腕クリス・アーチャー、オリオールズ三塁手マニー・マチャドの“超お買い得”2人に続き、登場するのがダルビッシュだ。記事では「FA市場トップの先発投手と評されるダルビッシュはチームとの面談を行い、移籍先を探し続けている。カブス、レンジャーズ、アストロズと会談済み」とし、獲得に大きな興味を持つツインズ、獲得の可能性を残すヤンキースとドジャースの存在も紹介し、現状を説明した。

 メジャー通算奪三振率が11.0という驚異の数字を示す右腕を「奪三振アーティスト」と高評価。記憶に新しいワールドシリーズでの成績不振を帳消しにしている、と指摘している。

 現地報道では、ダルビッシュの契約は6年1億5000万ドル(約170億円)に達するとも予測されている。決して安い買い物ではないが、ダルビッシュ獲得はその価値に値するという評価だ。

 その他、ダイヤモンドバックスからFAになったJ.D.マルティネス外野手、ロイヤルズのエリック・ホズマー内野手、マイク・ムスタカス内野手、ロレンゾ・ケイン外野手の野手FAトリオ、今季47セーブを記録したレイズのアレックス・コロメ投手の名前も挙がった。

「お買い得」とされた8選手の去就やいかに。移籍市場は、ここからまた面白さを増しそうだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング