野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

中村晃は代理人同伴交渉で1.6億円+出来高獲得…ホークス25日の契約更改

2年ぶり8度目の日本一に輝いたソフトバンクは25日、福岡市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、新たに中村晃外野手と来季の契約を更改した。

契約更改に臨んだソフトバンク・中村晃【写真:藤浦一都】
契約更改に臨んだソフトバンク・中村晃【写真:藤浦一都】

2000万円増はホークスではやや厳しめ? 打率.270に「成績は良くなかった」

 2年ぶり8度目の日本一に輝いたソフトバンクは25日、福岡市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、新たに中村晃外野手と来季の契約を更改した。

 今季は2年連続となる全143試合に出場し、511打数138安打6本塁打42打点、打率.270の成績だった中村晃は2000万円増の1億6000万円でサインした。今季1億5000万円と見られていた年俸が実際は1億4000万円。「行列の出来る法律相談所」に出演している北村晴男弁護士を代理人に立てて交渉を行い、9項目の出来高条項が設定された(年俸は推定)。

○中村晃外野手(1億4000万円→1億6000万円)
143試合511打数138安打6本塁打42打点 打率.270
「いろいろと出来高もつけてもらいながら、です。1年間怪我なくやってくれたというのと、チームを引っ張ってくれた、と球団には言っていただきました。成績はあまり良くなかったですけど、みんなに助けられて日本一になることができた。来年も頑張りたいと思います。個人的には全試合に出て、怪我なく終わりたいと思います」

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング