野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

大谷翔平の“サヨナラ会見”をMLB公式サイトが特集「非常にクールな行動」

エンゼルスに入団した大谷翔平投手が25日、札幌ドームで北海道のファンを前に、渡米前最後の記者会見を行った。“サヨナラ会見”の模様を、MLB公式サイトでもリポート。旅立つ前にファンに挨拶した大谷を「非常にクールな行動」と称えている。

札幌ドームで開いた記者会見で最後の1球を投げる大谷翔平【写真:石川加奈子】
札幌ドームで開いた記者会見で最後の1球を投げる大谷翔平【写真:石川加奈子】

「Long time, no see」の英語挨拶も紹介

 エンゼルスに入団した大谷翔平投手が25日、札幌ドームで北海道のファンを前に、渡米前最後の記者会見を行った。2013年に日本ハムに入団以来5年間、共に“二刀流”の実現を模索した栗山英樹監督と登場。集まった約1万3000人のファンと札幌ドームで最後の時を楽しんだ。この“サヨナラ会見”の模様を、MLB公式サイトでもリポート。旅立つ前にファンに挨拶した大谷を「非常にクールな行動」と称えている。

【PR】「DAZN」なら日本ハム戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 記事では、大谷が冒頭に「Long time, no see(お久しぶりです)」と英語で挨拶する“渾身のジョーク”を披露したことも紹介。さらに、エンゼルスのユニフォームを着てマウンドに上がり「最後の一投」を披露したことにも触れた。

 海を渡り、メジャーの舞台で新たな挑戦に臨む前に「(プロ入り後)最初のファンたち」に感謝の気持ちを伝える場を設けた大谷。この行動について「非常にクール」と称賛の言葉を贈った。

 日本以上にファンサービスが求められるメジャーでも、大谷の気配りがあれば全く問題はなさそうだ。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬