野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 広島丸は断トツ、パは…MLBで重視される“貢献度”で見た2017年NO1選手は?

広島丸は断トツ、パは…MLBで重視される“貢献度”で見た2017年NO1選手は?

2017年も残り5日。今年のプロ野球はソフトバンクが2年ぶりの日本一に輝き、セ・リーグでは広島が2連覇を達成。広島はクライマックスシリーズ(CS)ファイナルで敗れ、日本シリーズ進出はならなかったものの、ペナントレースではこの2球団が圧倒的な強さを見せつけたシーズンだった。

セ・リーグMVPに選出された広島・丸佳浩【写真:荒川祐史】
セ・リーグMVPに選出された広島・丸佳浩【写真:荒川祐史】

セイバーメトリクスの指標「WAR」、今季のトップ10は…

 2017年も残り5日。今年のプロ野球はソフトバンクが2年ぶりの日本一に輝き、セ・リーグでは広島が2連覇を達成。広島はクライマックスシリーズ(CS)ファイナルで敗れ、日本シリーズ進出はならなかったものの、ペナントレースではこの2球団が圧倒的な強さを見せつけたシーズンだった。

「見たことがない球が来る」 404発スラッガー中村紀洋氏が語る世界との闘い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 シーズンMVPも、パ・リーグがデニス・サファテ投手、セ・リーグが丸佳浩外野手と、優勝チームで圧倒的な活躍を見せた選手が選出。では、メジャーリーグで重視される指標「WAR(Wins Above Replacement)」で最も良い数値を叩き出した選手は誰だったのか。

「WAR」とは、様々な指標を総合して、ある選手が走攻守の全てを合わせて、どれだけ勝利に貢献したかを評価するもの。「控えレベルの選手が出場する場合に比べて、どれだけチームの勝利を増やしたか」を表している。「WAR」が1であれば1勝分、2であれば2勝分の貢献を果たしているということになる。逆に、「WAR」がマイナスの数値になることもある。現在のメジャーリーグにおいて最も重要な指標の1つで、MVP投票の権利を持つ記者も重視している。

 それでは、DELTAが独自集計した今季のWARで、セ・パ両リーグの投手・打者別トップ10を見ていこう。(小数点第2位以下は四捨五入、所属は2017年)

【セ・リーグ】

▽野手
1、丸佳浩外野手(広) 8.9
2、坂本勇人内野手(巨) 6.0
3、田中広輔内野手(広) 5.9
4、鈴木誠也外野手(広) 5.5
5、ホセ・ロペス内野手(De) 4.3
6、ケーシー・マギー内野手(巨) 4.1
7、桑原将志外野手(De) 4.1
8、上本博紀内野手(神) 3.9
9、菊池涼介内野手(広) 3.9
10、山田哲人内野手(ヤ) 3.9

▽投手
1、菅野智之投手(巨) 6.8
2、マイルス・マイコラス投手(巨) 6.8
3、ランディ・メッセンジャー投手(神)4.3
4、田口麗斗投手(巨) 3.7
5、大瀬良大地投手(広) 3.4
6、野村祐輔投手(広) 3.4
7、小川泰弘投手(ヤ) 3.3
8、秋山拓巳投手(神) 3.3
9、薮田和樹投手(広) 3.1
10、井納翔一投手(De) 3.0

 走攻守全てで貢献度の高い丸は断トツの数字。WARで見ても、MVP受賞は妥当と言えそうだ。野手では、広島の選手がトップ10に4人も入っている。打撃不振に苦しんだ山田もWARでは10位の数字を出した。

 また、WARは野手のほうが高くなるが、投手では、沢村賞に輝いた菅野に加え、マイコラス、田口と巨人の先発3本柱がトップ4までに入った。こちらも、大瀬良、野村、そして最高勝率の薮田と広島勢が3選手入った。

人気記事ランキング