野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 1位梶谷、上位10選手に広島4人 「打って走れる」選手ランキング、セ・リーグ編

1位梶谷、上位10選手に広島4人 「打って走れる」選手ランキング、セ・リーグ編

打者のセイバーメトリクスの指標の一つにP-S(Power-Speed-number)というものがある。長打力と俊足を兼ね備えた選手を評価する指標だ。数式は(本塁打×盗塁×2)÷(本塁打+盗塁)、この数値が20以上だとパワーとスピードを兼ね備えた打者だということになる。この数値のNPBの歴代5傑は以下の通り。

DeNA・梶谷隆幸【写真:荒川祐史】
DeNA・梶谷隆幸【写真:荒川祐史】

「P-S」で見る「打って走れる」選手ランキング

 打者のセイバーメトリクスの指標の一つにP-S(Power-Speed-number)というものがある。長打力と俊足を兼ね備えた選手を評価する指標だ。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 数式は(本塁打×盗塁×2)÷(本塁打+盗塁)、この数値が20以上だとパワーとスピードを兼ね備えた打者だということになる。

 この数値のNPBの歴代5傑は以下の通り。

1秋山幸二(西武)1990年 41.51(本塁打35盗塁51)
2秋山幸二(西武)1987年 40.35(本塁打43盗塁38)
3別当薫(毎日)1950年 37.97(本塁打43盗塁34)
4張本勲(東映)1963年 36.57(本塁打33盗塁41)
5岩本義行(松竹)1950年 36.33(本塁打39盗塁34)

 このうち別当、岩本はトリプルスリーを記録している。秋山幸二は、NPB史上に残る打って走れる選手だったことがわかる。張本勲はNPB史上最多の3085安打を記録した安打製造機だが、同時に504本塁打319盗塁。全盛期には出塁した後も目が離せない選手だったのだ。

 この数値は本塁打、あるいは盗塁が0の選手は「0.00」になる。端的な数字であり、総合的な選手の評価ではないが、「打って走って」というタイプの選手をピックアップする面で優れている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」