野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • NYメディア、また“大谷斬り”!? デビュー前なのに…「過大評価されている」

NYメディア、また“大谷斬り”!? デビュー前なのに…「過大評価されている」

あらゆる米メディアが、FA選手や話題の人物を“評価“する特集を行うが、辛辣なニューヨークメディアが一風変わった記事を掲載。日本ハムからエンゼルスに移籍する大谷翔平投手は「過大評価」と、またも厳しく斬っている。

エンゼルスでの活躍が期待される大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスでの活躍が期待される大谷翔平【写真:Getty Images】

地元紙が特集、「毛嫌いされ過ぎた出来事」に2人が登場

 2017年のメジャーリーグは、アストロズが球団史上初の世界一に輝き、幕を閉じた。ただ、FAやトレードによる移籍が活発な米国では、オフのストーブリーグも大きな盛り上がりを見せる。あらゆる米メディアが、FA選手や話題の人物を“評価“する特集を行うが、辛辣なニューヨークメディアが一風変わった記事を掲載。日本ハムからエンゼルスに移籍する大谷翔平投手は「過大評価」と、またも厳しく斬っている。

“戦友”から侍ジャパン稲葉監督へのエール「それが僕の素直な気持ちです」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 地元紙「ニューヨーク・ポスト」は「今年の野球界で、毛嫌いされ過ぎた―あるいはそこまでされてない―出来事」と題した特集を行った。話題となった人物や出来事を取り上げ、「人というのは様々な関心事に過剰に興奮してしまうのである。実際のところ多くの人物や関心事は、気に入られ過ぎるか、もしくは凄く嫌われるかのどちらかで、真相を基にもう少し落ち着いて見届けられるべきだと、誰もが認識しているところだ」として、それぞれ簡潔に評価を下している。

 例えば、アストロズを初の世界一に導き、ア・リーグMVPに輝いた“小さな巨人”ホセ・アルトゥーベ内野手については「彼に関しては、オーバー(だと判断されているよう)な事は何もない。受け取るに値するものを彼に与えてほしい」と絶賛。高い評価に値する選手だとしている。

 一方で、FA市場で高い評価を受けるジェイク・アリエッタ投手は「過大評価されている」と指摘。また、メッツ監督を退任したテリー・コリンズ氏については「過度に嫌われている。しかしながら、そろそろ前に進む時だ」と片付けた。メジャーのルーキー記録更新する52本塁打を放ったヤンキースの新星アーロン・ジャッジも「過度に嫌われている」と“擁護”。ただ、今季59本塁打でナ・リーグMVPに輝き、ヤンキースへのトレードが決まったジャンカルロ・スタントンには「過大評価されている」と手厳しい。

人気記事ランキング