野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

なぜ巨人は二塁手を固定できないのか 名手・篠塚氏が見る現状

巨人は今季、72勝68敗3分の成績で4位に沈み、球団史上初めてクライマックスシリーズ(CS)進出を逃した。開幕前に1つのポイントになると見られていたのが、正二塁手争いだった。

インタビューに応じる篠塚和典氏【写真:編集部】
インタビューに応じる篠塚和典氏【写真:編集部】

名二塁手・篠塚氏が見る巨人の“セカンド事情”

 巨人は今季、72勝68敗3分の成績で4位に沈み、球団史上初めてクライマックスシリーズ(CS)進出を逃した。優勝した広島からは実に16.5ゲーム差を話される、失意のシーズンだった。

 開幕前に1つのポイントになると見られていたのが、正二塁手争いだった。レギュラーが確定しない中、若手の台頭に期待が集まったが、どの選手も結果を残せず。結局、開幕当初は代打起用が中心だった村田修一をスタメンに戻し、ケーシー・マギーを三塁から二塁に回すという形で後半戦を乗り切った。打線は破壊力を増したものの、守備力も考えれば、マギーは本来なら三塁で起用したいところ。村田がいなくなる来季は岡本和真の台頭も期待されるが、マギーを三塁に戻す形が自然とも言える。その場合、再び二塁が空くことになる。

 巨人の二塁手として、真っ先に思い浮かぶ選手は誰か。おそらく、ほとんどの人が篠塚和典氏の名前をあげるのではないだろうか。天才的な打撃と華麗な守備で長らく巨人を支えた名選手は、2度の首位打者、通算1696安打、通算打率.304、4度のゴールデングラブ賞、5度のベストナインという輝かしい実績を残した。その後、仁志敏久氏もレギュラーとして活躍したが、巨人はそれ以降、このポジションを埋められていない。打てる二塁手がいかに貴重な存在でるかが分かる。

 篠塚氏は二塁のレギュラーが出てこない巨人の現状をどう見ているのか。まずは「チームコンセプトとしてどうするか」が大事だと指摘する。「打って守れる選手を置くのか、ただ守れる選手を置くのか。バッティングはそこそこ、普通でもいいのか」。守備が計算できる選手であれば、打撃はある程度目を瞑ってもいいが、それでも限度があるという。

「ただ、今年みたいにバッティングが悪いと、すぐ代えたくなる気持ちも分かります。打率2割6、7分くらいは打たないと。それで、守備がしっかりしていれば、そうは代えないはずです。守備はいいけど、やっぱりバッティングが2割1、2分では、監督としても代えたくなってしまう。大事なところで打てないと」

 この最低限のラインを保ってくれれば、道筋が見えてくる。そして、首脳陣にも“我慢”が必要だと、篠塚氏は言う。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬