野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

先発-救援-先発-救援…配置転換のたびに結果 39歳まで阪神で生き抜いた右腕

今季限りで現役を退いた安藤優也は大分県出身。甲子園実績のない大分県立大分雄城台高校を経て法政大に進学した。大学時代は7勝4敗。トヨタ自動車を経て2001年、自由獲得枠で阪神に入団した。

安藤優也の通算成績
安藤優也の通算成績

今季限りで引退した安藤、配置転換のたびに結果を出した現役時代

 今季限りで現役を退いた安藤優也は大分県出身。甲子園実績のない大分県立大分雄城台高校を経て法政大に進学した。大学時代は7勝4敗。トヨタ自動車を経て2001年、自由獲得枠で阪神に入団した。

 社会人出身だけに1年目から即戦力の期待がかかったが3勝5敗に終わる。184センチで体重100キロ近くとがっちりした体格から150キロの速球を投げる本格派だったが、17試合で59回2/3の登板で7被本塁打と被弾が多かった。

 翌2003年から2年間は救援投手に転向。2003年は、中継ぎの久保田智之が故障で離脱する中、セットアッパーとして活躍。被本塁打は51試合61回で2本と激減、防御率1.62で、阪神の優勝に貢献した。翌年もセットアッパーとして57試合に投げたが防御率3.58と成績は下落。2005年には先発に復帰し、11勝5敗を挙げ、最多勝(15勝)を記録した下柳剛、13勝の井川慶、8勝の福原忍とともにローテーションの一角を担い、この年も優勝に貢献した。また、唯一のタイトルである最高勝率を獲得している。

 以後、2012年まで先発投手として投げる。完投や完封はほとんどないが、QS(6回以上投げて自責点3以下)の多い安定感のある投手だった。しかし2010年以降、右肩の故障もあって登板数は減少、2012年には13試合で先発するも3勝7敗に終わった。

人気記事ランキング