野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 日本人選手
  • 米誌特集、松井秀喜氏は米殿堂候補に「残らない」も…実績は「見返す価値ある」

米誌特集、松井秀喜氏は米殿堂候補に「残らない」も…実績は「見返す価値ある」

米国の野球殿堂入り候補者の投票結果は、来年1月24日(日本時間25日)に発表される。今回は、ヤンキースで2009年ワールドシリーズMVPに輝くなど、4球団でプレーした松井秀喜氏が日本人野手として初めて候補入り。

ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏【写真:Getty Images】
ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏【写真:Getty Images】

今年初めて米殿堂候補入りの松井氏、資格継続へ得票率5%が条件も…

 米国の野球殿堂入り候補者の投票結果は、来年1月24日(日本時間25日)に発表される。今回は、ヤンキースで2009年ワールドシリーズMVPに輝くなど、4球団でプレーした松井秀喜氏が日本人野手として初めて候補入り。全米野球記者協会(BBWAA)に10年以上所属する記者の投票で75%以上の票を獲得すれば殿堂入りとなるが、メジャーの成績のみで判断されるため、松井氏の選出は極めて厳しいと見られている。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 むしろ、ポイントは来年の資格継続の条件となる5%以上の票を獲得できるかどうか。2013年末に日本人として初めて候補入りした野茂英雄氏ですら、得票率1.1%(6票)に終わり、2年目は候補から外れている。米誌「スポーツ・イラステレイテッド」電子版では、有資格1年目でこの5%の“ボーダーライン”上にいる名手たちの特集を掲載。オーブリー・ハフ、オーランド・ハドソン、カルロス・リー、ジョニー・デーモンとともに松井氏の名前も挙がっており、「ジョニー・デーモン、ヒデキ・マツイは人気はあるが、殿堂入りはない」とのタイトルが付けられている。

 記事では、選手の勝利への貢献度を測る「WAR」を用いた「JAWS」と呼ばれる指標などを基に分析。松井氏のキャリア通算WARは21.3で、殿堂入りした左翼手の平均65.2に遠く及ばず、JAWSも21.3で平均値の53.3を大きく下回っている。日本で10シーズンを過ごしてから海を渡った松井氏のキャリアは当然、デビューからメジャーでプレーし続けた選手と比べて短く、これらの数字は低くなる。なお、人気選手だったデーモン氏もWARは「15」、JAWSは「9」ほど殿堂入り選手の平均に及ばず、厳しいとの見方だ。

 一方で、記事ではこれらの選手の実績は「もう1度見返す価値がある」と指摘。それぞれのキャリアを振り返っている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」