野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュら獲得に踏み切れず? 資金力豊富なはずのカブスのジレンマ

まもなく年越しを迎えるが、多くの米メディアでNO1評価を受けているダルビッシュ有投手をはじめ、メジャーリーグでは大物FA選手の去就がまだ決まっていない。市場の動きが例年に比べて遅く、移籍先が決まるのは年明けとなる可能性が高まってきた。

去就が注目されるダルビッシュ有【写真:Getty Images】
去就が注目されるダルビッシュ有【写真:Getty Images】

先発投手にほとんど動きがないFA市場、大型契約へのリスクを考慮か

 まもなく年越しを迎えるが、多くの米メディアでNO1評価を受けているダルビッシュ有投手をはじめ、メジャーリーグでは大物FA選手の去就がまだ決まっていない。市場の動きが例年に比べて遅く、移籍先が決まるのは年明けとなる可能性が高まってきた。ダルビッシュについては、昨季世界一のカブス、今季世界一のアストロズ、そして躍進を目指すツインズなどの動きが表面化しているものの、契約には至っていない状況だ。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 米テレビ局「NBCスポーツ」電子版は、先発投手の補強という明確な目標を持つカブスが、獲得候補に挙げている選手と契約に至っていない理由を分析。資金力のある球団であっても、大金が必要な大型契約に踏み切れないという現状があるようだ。

 記事では今オフに去就が決まった大物FA選手は、フィリーズと契約したカルロス・サンタナ内野手ら少数であることを指摘。29日(日本時間30日)にはロッキーズがカブスからフリーエージェント(FA)となっていた救援右腕ウェイド・デービスと3年契約を結んだことを発表したが、先発投手にいたってはほとんど動きがない。

 同メディアは、特に先発投手の補強が必要となっているカブスの動きに注目。「トップターゲット」としてダルビッシュやアレックス・カッブらの名前が浮上しているものの、契約のニュースが流れてこない理由として、資金力豊富なカブスにとっても高いと感じるコストにあるという。

 ダルビッシュ、カッブに加え、カブスからFAとなったジェイク・アリエッタも、これまでの実績から4、5年契約を求めることは当然と見られている。総年俸は1億ドル(約112億5000万円)を超えることが確実だ。ただ、大型契約を結べば、同時に「リスク」も抱えることになる。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」