野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

則本が新記録、DeNA戦力外右腕は驚異の好投…楽天の2017年10大ニュース

梨田昌孝監督が就任2年目を迎えた2017年の楽天。スタートダッシュに成功し、序盤から首位を快走したが、夏場に急失速して首位から転落した。最終的には西武にもかわされて3位となったが、日本一になった2013年以来4年ぶりとなるAクラス入り。リーグ優勝への期待を抱かせながらも最後は悔しさが残った。ここでは楽天の2017年シーズンを10個のニュースで振り返ってみよう。

楽天・梨田昌孝監督【写真:荒川祐史】
楽天・梨田昌孝監督【写真:荒川祐史】

ウィーラー、ペゲーロ、アマダーの助っ人20発トリオは史上初

 梨田昌孝監督が就任2年目を迎えた2017年の楽天。スタートダッシュに成功し、序盤から首位を快走したが、夏場に急失速して首位から転落した。最終的には西武にもかわされて3位となったが、日本一になった2013年以来4年ぶりとなるAクラス入り。リーグ優勝への期待を抱かせながらも最後は悔しさが残った。ここでは楽天の2017年シーズンを10個のニュースで振り返ってみよう。

○則本8試合連続2桁奪三振

 大黒柱の則本昂大投手が、8試合連続2桁奪三振のプロ野球新記録を樹立した。4月19日の西武戦で8回10三振を奪うと、4月26日のロッテ戦(7回10三振)、5月3日のオリックス戦(9回途中12三振)、5月10日のロッテ戦(9回12三振)、5月17日の日本ハム戦(7回12三振)、5月25日のオリックス戦(8回10三振)、6月1日の巨人戦(8回12三振)、6月8日のDeNA戦(9回12三振)と約2か月も2桁奪三振を継続。1991年に野茂英雄(近鉄)が記録した6試合連続を塗り替え、メジャー記録の8試合連続に肩を並べる偉業だった。

○外国人20発トリオ

 夏場まで首位を走った楽天の快進撃は、助っ人勢の活躍を抜きには語れなかった。9月20日の日本ハム戦でジャフェット・アマダー内野手が20号本塁打を放ち、ゼラス・ウィーラー内野手、カルロス・ペゲーロ外野手に続いて20本塁打に到達。助っ人3選手が揃って20本塁打を放つ“助っ人20発トリオ”はプロ野球史上初の快挙だった。

○快進撃のち大失速

 今季の楽天は天国と地獄、両方を味わう形になった。1番茂木栄五郎、2番ペゲーロの超攻撃的打線が開幕から快進撃を続け、首位を快走。ソフトバンクとの抜きつ抜かれつのマッチレースを展開し、8月初旬まで首位に立っていたが、同15日から西武、ソフトバンクとの6連戦で6連敗を喫すると、今度は同23日のロッテ戦から1分けを挟んで10連敗。順位は急降下して、まさかの3位転落となった。

人気記事ランキング