野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • Bジェイズ、今も変わらぬ“ムネリン愛” 大谷争奪戦の切り札にする気だった!?

Bジェイズ、今も変わらぬ“ムネリン愛” 大谷争奪戦の切り札にする気だった!?

エンゼルスへの移籍が決まった大谷翔平投手の争奪戦に参戦していたブルージェイズが、“第2段階“の面談に進んでいた場合、ソフトバンクの川崎宗則内野手に協力を要請する可能性があったと地元メディアが報じている。

ブルージェイズ時代の川崎宗則【写真:Getty Images】
ブルージェイズ時代の川崎宗則【写真:Getty Images】

ホークス川崎の現状を気にかけるギボンズ監督「カワサキはどこだ?」

 エンゼルスへの移籍が決まった大谷翔平投手の争奪戦に参戦していたブルージェイズが、“第2段階“の面談に進んでいた場合、ソフトバンクの川崎宗則内野手に協力を要請する可能性があったと地元メディアが報じている。すでに退団から2年が経過。カブスを経て日本球界に復帰したムードメーカーは、今でも古巣に愛されているようだ。

日の丸を背負う逸材を育てるために―遅咲きの強打者・和田一浩氏が語る育成論(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 MLB公式サイトで公開されている動画は、ジョン・ギボンズ監督が12月中旬のウインターミーティングで地元メディアの質問に答えたもの。当時エンゼルス移籍が決まったばかりだった大谷の争奪戦に自身が参加したのかを問われると、「いや、でも参加する準備はできていたよ、もし彼と話しあうことになっていたらね」と明かした。

“書類選考”を通過した7球団が、ロサンゼルスで大谷との直接面談に進んだが、ブルージェイズはここに含まれていなかった。しかし、もし実現していたら、指揮官自ら乗り込む準備はできていたという。そして、ギボンズ監督は唐突に「カワサキはどこだ?」と切り出した。

 地元メディアは「彼(川崎)はあなたのプレゼンテーションに組み込まれていたんですか?」と畳み掛ける。これに対して「おそらくこれは我々がするべきだったが、しなかったことだ」と指揮官が答えると、記者は「それについて1か月前、ロスに聞いたんです。彼は使うつもりでした」と明かした。ロス・アトキンスGMは、大谷との面談に進んだ場合には、川崎に参加を要請するつもりだったというのだ。

 実際には、現在ソフトバンクに所属する選手を面談に同席させることはできなかった可能性が高いが、その後も、監督と記者が川崎の現状について情報交換し合うやりとりが続くことに。少しの間、会見の話題の中心は「カワサキ」になった。だが、底抜けに明るいキャラクターで、地元トロントで絶大な人気を誇った日本人内野手は、やはり強烈なインパクトを残したようだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング