野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 殿堂投票の曖昧な基準に一石 松井秀喜氏の日米通算成績を米メディア考察

殿堂投票の曖昧な基準に一石 松井秀喜氏の日米通算成績を米メディア考察

ヤンキースで2009年ワールドシリーズMVPに輝いた松井秀喜氏は、メジャー現役最後の試合から5年の月日が経過し、米国野球殿堂入りの資格を初めて手にした。2014年度殿堂入り投票の対象となった野茂英雄氏に続き、日本人選手では2人目の快挙となったが、松井氏が日本で残した成績も考慮すべきか、米メディアの間では議論が巻き起こっている。

現役時代ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏【写真:Getty Images】
現役時代ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏【写真:Getty Images】

メジャーで10年、日本で10年、両国で所属チームに貢献も…

 ヤンキースで2009年ワールドシリーズMVPに輝いた松井秀喜氏は、メジャー現役最後の試合から5年の月日が経過し、米国野球殿堂入りの資格を初めて手にした。2014年度殿堂入り投票の対象となった野茂英雄氏に続き、日本人選手では2人目の快挙となったが、松井氏が日本で残した成績も考慮すべきか、米メディアの間では議論が巻き起こっている。その中で、メジャー移籍の年齢が遅かった選手に関しては、考慮する余地もあるのではないかという見解を示しているのが、米スポーツ専門局「CBSスポーツ」電子版だ。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 日米球界でそれぞれ10年ずつのキャリアを送った松井氏は、巨人では通算打率.304、1390安打、332本塁打、889打点という圧巻のパワーを見せつけ、MLBでは打率.282、1253安打、175本塁打、760打点の成績を残した。日米通算での受賞歴は目を見張るものがある。オールスター選出は11度(9度は日本)、MVP3度(すべて日本)、日本シリーズMVP、ワールドシリーズMVP、日本シリーズ優勝3回、ワールドシリーズ優勝1回と輝かしいタイトルを誇り、「ゴジラと呼ばれた男は凄まじいキャリアを送った」と絶賛されている。

 そんなスラッガーだが、同時にMLBの成績だけでは殿堂入りには「遠く及ばない」と厳しく指摘されている。記事では「彼のMLBのキャリアはケビン・ミラーと互角だ」と、2003年に中日移籍問題で物議を醸したミラー元内野手を比較対象に選出。ミラー氏はメジャー12年間で打率.274、170本塁打の成績だったが、殿堂入りの可能性すら論議されたことはない。

 だが、日本での成績を合算すると、松井氏は殿堂入り濃厚な大砲に比肩するほどの成績になるという。その人物とは、元レッドソックスのデービッド・オルティス氏だ。“ビッグパピ”の愛称で親しまれるオルティスしは、メジャー通算10091打席で、打率.286、出塁率.380、長打率.552、541本塁打を記録。松井氏の日米通算成績は、10570打席で打率.293、出塁率.387、長打率.523、507本塁打となる。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」