野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

岡本&吉川尚のドラ1コンビ、18歳のドラ6左腕…巨人の2018年期待の若手

2017年は72勝68敗の貯金4としながら、11年ぶりのBクラスとなる4位に沈んだ巨人。FAで陽岱鋼、山口俊、森福允彦の3選手を獲得し、大型補強をして臨んだが、3選手ともに思ったような結果は残せず。球団ワースト記録となる13連敗も喫し、2007年にスタートしたクライマックスシリーズの進出を初めて逃す悔しい1年となった。

大学時代に侍ジャパンに選出された巨人・吉川尚輝【写真:Getty Images】
大学時代に侍ジャパンに選出された巨人・吉川尚輝【写真:Getty Images】

2017年は史上初めてCS出場を逃し、オフに野上、ゲレーロを補強

 2017年は72勝68敗の貯金4としながら、11年ぶりのBクラスとなる4位に沈んだ巨人。FAで陽岱鋼、山口俊、森福允彦の3選手を獲得し、大型補強をして臨んだが、3選手ともに思ったような結果は残せず。球団ワースト記録となる13連敗も喫し、2007年にスタートしたクライマックスシリーズの進出を初めて逃す悔しい1年となった。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 V奪還が至上命令となる2018年。FA権を行使した野上亮磨投手、そして昨季中日で本塁打王に輝いたアレックス・ゲレーロも獲得して更なる戦力補強を行った。高橋由伸監督が就任して3年目。4年連続V逸となれば、球団ワーストタイ記録となるだけに、何としても覇権を奪いたいところである。

 主力の高齢化が進む現状にはあるが、昨季は田口麗斗がチームの柱の1人となり、2016年のドラフト2位の畠世周投手も戦力として目処がついた。ファームでは今村信貴投手が9勝を挙げ、イースタンリーグ最多勝と最高勝率のタイトルを獲得。野手でも宇佐見真吾捕手が頭角を示し始めた。

 篠原慎平投手や山本泰寛内野手といった面々の名前も挙がるように将来性を期待出来る若手の数も少なくない。ここでは、そんな若手の面々で台頭、覚醒が期待される若手3人をピックアップしてみよう。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬