野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 牧田和久
  • 「サブマリン」牧田獲得は「素晴らしい選択」 パドレス地元ファンも歓迎

「サブマリン」牧田獲得は「素晴らしい選択」 パドレス地元ファンも歓迎

西武からポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー移籍を目指していた牧田和久投手の新天地はパドレスに決まった。米メディアの報道によると、2年契約で年俸総額は400万ドル(約4億5200万円)。

侍ジャパンにも選ばれ活躍した牧田和久【写真:Getty Images】
侍ジャパンにも選ばれ活躍した牧田和久【写真:Getty Images】

球団公式インスタグラムで写真公開、日本語で「サンディエゴへようこそ」

 西武からポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー移籍を目指していた牧田和久投手の新天地はパドレスに決まった。米メディアの報道によると、2年契約で年俸総額は400万ドル(約4億5200万円)。メジャーでも珍しいアンダースローでブルペンを支えることが期待される右腕に対して、早くも地元ファンから期待の声があがっている。

 牧田の獲得を正式発表したパドレスは、すぐにツイッター、インスタグラムでもファンに報告し、パドレスのユニホーム姿の日本人右腕の写真も掲載。キャップやユニホームの色合いは西武とほとんど変わらないため、しっくりくる画像となっている。

 パドレスはインスタグラムで「The #Padres sign RHP Kazuhisa Makita to a two-year contract. (パドレスは右腕のカズヒサ・マキタと2年契約を結んだ)」と伝えた上で「牧田和久選手、サンディエゴへようこそ」と日本語のメッセージも掲載。すると、コメント欄には地元ファンからの温かい声が届いた。

「ようこそ」

「彼のプレー姿が待ちきれないよ!!!」

「グレイトなスクープだ」

「ジャージーはいつ発売されるんだ?」

「ナイス、頑張れパドレス」

「クラ・メレディス以来初の素晴らしいパドレスのサブマリンだ」

「ハジメマシテ、カズヒサ・マキタ」

「君はすごくクーーーールだ」

「サンディエゴへようこそ」

「オオタニ以上!!!」

「素晴らしいチョイスだ」

 なかには、日本の総合電動工具メーカー「株式会社マキタ」を意識して「マキタドリルのオーナーか????」と“アメリカンジョーク”を飛ばす人もいた。抜群の安定感を見せる「サブマリン」の牧田も地元ファンの心をつかむ可能性は十分。1年目からパドレスに欠かせない存在となることはできるだろうか。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング