野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム宮台は球史に名を刻めるか 東大出身の過去5選手の足跡は

昨秋のドラフトで北海道日本ハムからドラフト7位で指名を受けた宮台康平投手。東京大学出身者としては、史上6人目のプロ野球選手となる。そこで、今回は過去にプロ入りを果たした東京大学出身者を紹介し、改めてその足跡を辿っていきたい。

日本ハムの新入団会見に臨んだ宮台(右端)【写真:石川加奈子】
日本ハムの新入団会見に臨んだ宮台(右端)【写真:石川加奈子】

日本プロ野球史上わずか6人の「東京大学出身」選手たち

 昨秋のドラフトで北海道日本ハムからドラフト7位で指名を受けた宮台康平投手。東京大学出身者としては、史上6人目のプロ野球選手となる。そこで、今回は過去にプロ入りを果たした東京大学出身者を紹介し、改めてその足跡を辿っていきたい。

【PR】「DAZN」なら日本ハム戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

〇新治伸治氏
 東京大学出身者史上初のプロ野球選手である新治氏。卒業後の1965年、大洋漁業(マルハニチロ)へ入社。しかし、当時の球団オーナーの「南氷洋に行ったつもりで、プロで投げてみないか」という言葉と、「魔術師」の異名をとった名将・三原脩監督の要請を受け、サラリーマンの身分のまま大洋ホエールズ(現・横浜DeNA)に“出向”。かくして、史上初となる東京大学出身のプロ野球選手が誕生することになった。

 入団の経緯こそ特殊だったが、新治氏の実力は本物だった。プロ入り初年度の1965年から主に中継ぎとして40試合に登板し、5勝2敗、防御率3.16という成績を残す。続く1966年も37試合に投げて4勝4敗、防御率3.60とチームに貢献。話題性だけにとどまらない自身の能力の高さを見せ付けている。

 1968年に現役を退いてからは親会社に復帰し、順調にキャリアを積んで関係会社の社長にまで出世を果たす傍ら、大洋・横浜の非常勤取締役や球団顧問も経験。社会人としても成功を収めた新治氏がプロ野球で残した通算9勝という数字は、現在に至るまで東京大学出身投手の最多勝利記録となっている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」