野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • エンゼルス番記者が今季打順予想 大谷翔平は豪華顔ぶれの中で「7番・DH」

エンゼルス番記者が今季打順予想 大谷翔平は豪華顔ぶれの中で「7番・DH」

2018年が幕を開け、メジャーではストーブリーグは終盤に差し掛かってきた。ダルビッシュ有投手やJ.D.マルティネス外野手など、目玉とされるフリーエージェント(FA)選手の去就は決まっていないが、すでに戦力補強の大半を終えたチームも少なくない。

今季、メジャーでの活躍が期待される大谷翔平【写真:Getty Images】
今季、メジャーでの活躍が期待される大谷翔平【写真:Getty Images】

現時点で開幕を迎えたら…昨季貧打のエンゼルス打線が大変身

 2018年が幕を開け、メジャーではストーブリーグは終盤に差し掛かってきた。ダルビッシュ有投手やJ.D.マルティネス外野手など、目玉とされるフリーエージェント(FA)選手の去就は決まっていないが、すでに戦力補強の大半を終えたチームも少なくない。そこでMLB公式サイトでは「現時点で開幕を迎えたら、どんな打順になるのか」全30球団の番記者がオーダーを予想。エンゼルスの番記者は、注目の“二刀流”大谷翔平投手を何番と予想したのか。

【PR】大谷翔平を観るなら「DAZN」、出場試合を放送予定! 今なら無料視聴可能、MLB&NPB公式戦など野球コンテンツが充実

 今オフは積極的な戦力補強に乗り出したエンゼルス。大谷の他にも、ジャスティン・アプトン外野手と契約延長し、三塁手ザック・コザートとFA契約、さらにタイガースからベテラン二塁手イアン・キンスラーをトレードで獲得した。ビリー・エップラーGMは、大谷は先発投手を軸にDHとして起用する方針を明言。昨季は主にDHだった主砲アルバート・プホルスは、本来の一塁に復帰することになる。

 MLB.comでエンゼルスを担当するマリア・グアルダード記者は、諸々の状況をかんがみて次のような予想オーダーを作った。

1(二)イアン・キンスラー
2(中)マイク・トラウト
3(左)ジャスティン・アプトン
4(一)アルバート・プホルス
5(右)コール・カルフーン
6(三)ザック・コザート
7(DH)大谷翔平
8(遊)アンドレルトン・シモンズ
9(捕)マーティン・マルドナド

 昨季のエンゼルスは打撃不振にあえいだ。チーム打率は30球団中28位の.243、長打率.397はア・リーグ15球団で唯一4割を下回った。チーム得点(710)、チーム出塁率(.315)は揃ってリーグ11位。寸評では、昨季途中にトレード獲得し、エンゼルスでの27試合で7本塁打を打ったアプトンが開幕からいること、そしてキンスラー、コザート、大谷が加わったことで「かなりの本塁打数アップにつながる」と予測している。

 ただし、不確定要素も多い。その代表が「どのくらい大谷をDH起用するか」だ。大谷をDHにすることで、プホルスは一塁に復帰するが、稀代の大打者の他にもルイス・バルブエナ、C.J.クロンが一塁を守る。特にバルブエナは圧倒的に右打者が多いエンゼルス打線で数少ない左打者の1人。大谷とバルブエナの両左打者を先発させれば、プホルスがベンチスタートとなるだけに、首脳陣は頭を悩ませることになりそうだ。

 机上の空論かもしれないが、上位に並ぶ打撃オーダーを見ると、今季エンゼルスが強打のチームに生まれ変わることは間違いなさそうだ。プホルス、トラウトらメジャーを代表する打者と躍動する大谷の姿を1日でも早く見てみたいものだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬