野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • 長嶋茂雄、澤村栄治、星野仙一、イチロー…偉大な野球人たちの「20歳の頃」

長嶋茂雄、澤村栄治、星野仙一、イチロー…偉大な野球人たちの「20歳の頃」

1月8日は成人の日。今年の日本球界では、楽天のオコエ瑠偉外野手、中日の小笠原慎之介投手、ロッテの平沢大河内野手ら全38選手が「新成人」として、祝福された。

大谷翔平とイチロー【写真:Getty Images】
大谷翔平とイチロー【写真:Getty Images】

ベーブ・ルース、ジャッキー・ロビンソンらの20歳の頃は…

 1月8日は成人の日。今年の日本球界では、楽天のオコエ瑠偉外野手、中日の小笠原慎之介投手、ロッテの平沢大河内野手ら全38選手が「新成人」として、祝福された。

 オコエ、小笠原ら1軍で活躍し始めている選手もいれば、まだ2軍で着々と力を蓄えている選手もいる。では、日米の偉大なる野球人たちは、同じ「20歳を迎えるシーズン」にどんな境遇にいたのか、見てみよう。(早生まれの選手も同じ学年で統一)

○ベーブ・ルース(1914年)
 セント・メアリー少年工業学校から、マイナーのボルチモア・オリオールズに入団。マイナー・リーグでプレーをするが、7月にメジャーのボストン・レッドソックスにトレードされる。左腕投手として7月11日には初登板、初勝利。打者としては10打数2安打。投打の才能が発揮されるのは、翌年からだ。

○沢村栄治(1936年)
 日本プロ野球がスタートした年。夏シーズンは巨人の第2次アメリカ遠征に参加し、4試合の登板にとどまったが、秋シーズンは15試合で13勝2敗で最多勝。9月25日のタイガース戦では、1-0でプロ野球史上初のノーヒットノーランを記録した。

○ジャッキー・ロビンソン(1938年)
 前年、パサデナ短大に入学。陸上競技と野球の両方で頭角を現し、多くの大学からオファーを受ける。MLBはアフリカ系アメリカ人への門戸を開いていなかったため、プロ野球選手になることは考えていなかった。アフリカ系アメリカ人初のMLB選手になるのは9年後の1947年。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬