野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハムドラ7の東大・宮台、プロとして第一歩 栗山監督の訓話に心動かされる

日本ハムにドラフト7位で入団した東大の宮台康平投手が9日、千葉・鎌ヶ谷で行われた自主トレでプロとしての第一歩を踏み出した。

鎌ヶ谷で自主トレを行う日本ハム・宮台康平【写真:石川加奈子】
鎌ヶ谷で自主トレを行う日本ハム・宮台康平【写真:石川加奈子】

40社121人の報道陣が見つめる中で新人合同自主トレ開始

 日本ハムにドラフト7位で入団した東大の宮台康平投手が9日、千葉・鎌ヶ谷で行われた自主トレでプロとしての第一歩を踏み出した。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 40社121人の報道陣が見つめる中、室内練習場で体幹トレーニングやキャッチボール、ノックなど午前中約2時間の練習をこなした。

 トレーナーの説明を真剣な表情で聞き入った宮台は「量が多いわけじゃなくて、しっかり1個1個の練習は意味があってやっていると思うので、吸収してしっかりやっていきたいです」とうなずいた。

 練習途中に行われた栗山英樹監督の訓話にも心を動された。「君たちはもうチームの一員なので、高卒、大卒関係なく使うと言われて、自分のモチベーションになりました」と奮い立った。

 大学時代とは比べ物にならないくらい注目される中でのスタート。「今日からプロ野球選手として始まったんだなと思いました。プロ野球選手なので、見られている中でいいパフォーマンスを発揮できるように、慣れていきたいです」と感想を語った。午後はトレーニング講義の座学に臨む。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」