野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 2000年以降は7人誕生 プレーで指導でチーム支えるパの「選手兼任コーチ」

2000年以降は7人誕生 プレーで指導でチーム支えるパの「選手兼任コーチ」

昨季終了後に始まったストーブリーグでは、多くの選手が他球団への移籍を決断し、各チームが2018年の開幕に向けて新体制を整えている。そんな中注目を集めた話題の1つが、松井稼頭央選手の埼玉西武への復帰だろう。

今季、選手兼任コーチを務めるロッテ・福浦和也【写真:細野能功】
今季、選手兼任コーチを務めるロッテ・福浦和也【写真:細野能功】

松井稼頭央はテクニカルコーチ兼任で15年ぶりの西武復帰

 昨季終了後に始まったストーブリーグでは、多くの選手が他球団への移籍を決断し、各チームが2018年の開幕に向けて新体制を整えている。そんな中注目を集めた話題の1つが、松井稼頭央選手の埼玉西武への復帰だろう。15年ぶりに所沢に帰ってきたかつてのスーパースターは、今年「選手兼テクニカルコーチ」という新しい肩書きを担うことになった。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 ここ数年、「選手兼任コーチ」の存在が目立つようになってきた野球界。セ・リーグでは元横浜DeNAの三浦大輔氏や、東京ヤクルトの宮本慎也ヘッドコーチなどが思い浮かぶが、パ・リーグではどうだろうか。2000年以降に兼任コーチに就任した主な選手を見ていこう。

○伊東勤氏(西武・選手兼総合コーチ)
 まずは、2017年シーズンまで千葉ロッテを率いた伊東勤氏だ。現役時代、埼玉西武の黄金期を正捕手として支えた伊東氏は、2002年から現役引退までの2年間、選手兼総合コーチという役割を担うことに。就任1年目は直近の5年間で最多の118試合に出場し、チームも4年ぶりのリーグ優勝。選手・コーチの両面で、見事重い責任を果たしてみせた。

○中嶋聡氏(北海道日本ハム・選手兼1軍バッテリーコーチ)
 1986年、阪急ブレーブスに入団した中嶋聡氏は、それまでの捕手像を覆すようなスマートなプレースタイルと強肩を武器に、正捕手として活躍した。西武、横浜を経て、2004年に移籍してきた北海道日本ハムでは、移籍4年目の2007年に捕手兼1軍バッテリーコーチに就任。控えの捕手として渋い存在感を示しながら、コーチとして大野奨太選手(現・中日)や市川友也選手といった主力捕手を指導している。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬