野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • 中村紀洋氏インタ(下)子供たちに注ぐ情熱、NPBオファー来ても「行かない」

中村紀洋氏インタ(下)子供たちに注ぐ情熱、NPBオファー来ても「行かない」

「N’s method」で野球指導を務める中村紀洋氏へのインタビュー前編は、プロ野球生活を中心に語ってもらった。そこで得た経験と知識は今、指導の道でどのように生かされているのだろうか。そして、野球を通じて何を教え、伝えたいのか。ここでは、中村氏の指導理念と現在をお届けする。

指導に身を粉にする今、プロ野球復帰への気持ちは…

「昔は空き地が多かったけど今は整備されているし、あったとしても野球をしたら駄目という場所も多いですから。ボールを持ってキャッチボールもできない。必然的に野球人口が減るとは思いますね。だから、自分のできることで、野球がこんなに面白いんだという人が1人でも増えたら。1万人増やしたいなんて大層なことは思ってないので、少しでも野球が楽しいと思える子たちができれば、それだけで十分です」

 現在はプロ野球を「全然、観ていない」と言うが、後進も気遣う。

「本当に完全燃焼して、やれるところまでとことんやってほしい。楽しんでやればファンにも伝わるし、それで観る側も楽しくなればファンも増えるでしょう」

 気になる現役選手には、やはり振るバッターとして「柳田悠岐(福岡ソフトバンク)」を挙げた。

「怪我をするなよと思いながら。振ってもいいけど、ケアをしないといけない。若かったらできることもあるけど、26歳と29歳のスイングは絶対に変わるから。同じように考えて振っているようなら、怪我をして終わる。だから、ちょっとずつモデルチェンジが必要。自分は周りの人間に見せないようにして、どんどん振り回しながら変えていた」

 中村氏の豪快なフルスイングは、もう見られないのだろうか。「プロ野球のチームからオファーが届いたら」との問いには即答だった。

「行かない。僕を信用、信頼して来てくれる生徒が1人か2人だとしても、子供たちが離れるまでは面倒を見たい。今は子供たちに、野球選手として一人前になる準備をさせないといけない。これからうまくなれる土台を早く作ってあげて、高校に送り出したい。プロ野球のチームから『戻ってこい』とオファーが来ても、行かないと思う。行ったとしても、その子たちのことが気になるから集中できない。一つのことに集中したいから、今は子供たちのためにどうしたらいいかを考えています」

「生涯現役」を掲げる中村氏は、これからも野球と向き合い続ける。指導の道でもフルスイングの信条を貫きながら。

(「パ・リーグ インサイト」藤原彬)

(記事提供:パ・リーグ インサイト

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬