野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム清宮が先輩・大谷の自室訪問にビックリ「誰かなと思ったら大谷さんで」

日本ハムのドラフト1位ルーキーの清宮幸太郎内野手が10日、千葉・鎌ヶ谷で新人合同自主トレ2日目に臨んだ。

打撃練習で汗を流す日本ハム・清宮幸太郎【写真:石川加奈子】
打撃練習で汗を流す日本ハム・清宮幸太郎【写真:石川加奈子】

同じ場所で練習する先輩たちに「テレビで見たことがある人ばかり」

 日本ハムのドラフト1位ルーキーの清宮幸太郎内野手が10日、千葉・鎌ヶ谷で新人合同自主トレ2日目に臨んだ。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 午前中はグラウンドで体幹トレーニングやキャッチボールなどをこなした。エンゼルスに移籍する大谷翔平投手も同じ時間帯に練習。グラウンドで接触することはなかったが、清宮は練習後、前夜あいさつを済ませたことを明かした。

 前夜、自室にいる時だった。同期の難波侑平内野手が訪ねて来たため、ドアを開けたら大谷が入ってきたという。「誰かなと思ったら大谷さんで普通にびっくりしました。『短い間だけどよろしく』と言ってもらいました。自分も『よろしくお願いします』と言いました」と、その瞬間を振り返った。

 新人合同自主トレ初日は、大谷はグラウンドにも室内練習場にも姿を見せなかった。「まだ会ってないです。いるんですかね」と報道陣に逆取材していたが、その夜に大谷の方からあいさつに来てくれた格好だ。

「大きかったです」と直接あいさつした時の印象を語った清宮。この日は同じグラウンドで練習して「信じられない感じ。大谷さんに限らず、テレビで見たことがある人ばかりで、一緒にいるのは不思議な感じです」と初々しい表情で話した。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」