野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュがローテ1番手 MLB公式が所属未定選手の“オールスター”選出

MLBではスプリングトレーニングのスタートが1か月後に迫る中、FA市場は歴史的な冷え込みを見せている。

去就に注目が集まるダルビッシュ有【写真:Getty Images】
去就に注目が集まるダルビッシュ有【写真:Getty Images】

ワールドシリーズ不振もダルビッシュの評価は変わらず

 MLBではスプリングトレーニングのスタートが1か月後に迫る中、FA市場は歴史的な冷え込みを見せている。イチロー外野手、上原浩治投手、青木宣親外野手ら日本人選手のみならず、120人以上のフリーエージェント選手が未契約状態となっている。

【PR】ダルビッシュを観るなら「DAZN」! 今なら無料視聴可能、MLB&NPB公式戦など野球コンテンツが充実

 そんな中、MLB公式サイトでは新天地未定の選手から“オールスターチーム”を選出。ドジャースからFAになったダルビッシュ有投手が先発ローテーションの1番手に堂々の選出を果たした。

 寸評では「ダルビッシュのワールドシリーズの水準以下のパフォーマンスはいくつかの獲得先候補を恐れさせたかもしれないが、マーケットで最も求められる投手の1人を避けさせるほど深刻なものではない。ローテーション強化を狙う4チーム以上がダルビッシュを狙っている。今オフで投手最大のディールを手にすることになる」と分析。ダルビッシュはアストロズとのワールドシリーズ2試合で先発。いずれも5回を持たずに降板し、計3回1/3、9失点(自責8)で2敗を喫した。ただ、世界一決定戦で見せた投球はダルビッシュの市場評価を大きく損ねるものではないという。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬