野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ石垣キャンプは練習量倍増 井口監督「効率よく組んだら倍になった」

新人合同自主トレが行われた12日、ロッテは浦和球場内の施設でスタッフミーティングを行い、2月1日から始まる石垣島キャンプの練習メニューを決めた。

スタッフミーティングを行った後、取材に応じたロッテ・井口資仁監督【写真:細野能功】
スタッフミーティングを行った後、取材に応じたロッテ・井口資仁監督【写真:細野能功】

着々と進む井口改革、練習開始は9時、夜間練習はなし

 新人合同自主トレが行われた12日、ロッテは浦和球場内の施設でスタッフミーティングを行い、2月1日から始まる石垣島キャンプの練習メニューを決めた。

 井口資仁監督によれば「練習時間は変わらないが、練習量は(昨年までの)倍になった。秋のキャンプ通り、休んで練習を見てる人がいないよう効率よく組んだら倍になった」という。夜間練習はないが、午前7時からのアーリーワークを皮切りに、開始時間も9時に早め、昼食時間も見直すようだ。

 宿舎も全員同じ高級リゾートホテルで1、2軍の区別はない。「横一線のチーム内競争。(キャンプ)施設をフルに使い、フルに動けるようにしたい」と監督。井口改革は着々と進んでいるようだ。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング