野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • 元楽天右腕も活躍、欧州最強球団の秘密に迫る

元楽天右腕も活躍、欧州最強球団の秘密に迫る

元楽天のルーク・ファンミル投手は216センチの長身から投げ下ろされるストレートを武器に、2017年シーズンを母国オランダのキュラソーネプチューンズでプレーした。

オランダ代表は2017年のWBCで2大会連続ベスト4入りを果たした【写真:Getty Images】
オランダ代表は2017年のWBCで2大会連続ベスト4入りを果たした【写真:Getty Images】

欧州最強球団キュラソーネプチューンズの元監督に直撃

 元楽天のルーク・ファンミル投手は216センチの長身から投げ下ろされるストレートを武器に、2017年シーズンを母国オランダのキュラソーネプチューンズでプレーした。テスト生として入団した楽天時代は7試合の登板で0勝1敗、防御率4.15と目立った成績を残せなかったが、母国では救援陣の一角としてチームに貢献した。

 キュラソーネプチューンズは「欧州チャンピオンズカップ2017」で優勝を果たした欧州王者だ。オランダ国内でも抜群の強さを誇り、オランダ国内リーグ「フーフトクラッセ」でも、2013年から5年連続で優勝を果たしている。なぜ、キュラソーネプチューンズが急成長を遂げ、またオランダ代表がWBCで2大会連続ベスト4入りを果たしたのか、その理由を探るべく、現地に赴きインタビューを行った。

 取材当日はオランダシリーズ第1戦(日本でいう日本シリーズ)だった。本拠地ネプチューンズ・ファミリースタディオンにて、現役時代はAAAでも活躍し、2016年まで監督を務めたのち、現在はU18のアカデミー育成を担当するEvert-Jan‘s Hoen氏(以下:エバート氏)にインタビューを行った。

 ヨーロッパのクラブは、各球団がアカデミーを所有し、選手を育成。ネプチューンズも例外ではなく、基本的にはアカデミー出身の選手で構成されている。過去には「ミスター独立リーグ」根鈴雄次氏も在籍するなど、多少の外国人選手も在籍している。

 エバート氏に外国人選手の獲得方針について尋ねると「過去には現地にスカウトを派遣していることもあったが、お金もかかるし、近年では、ネット上でも公開されているようなスタッツ(成績)を分析し、重視している」と語り、「現代ではOPSなどのスタッツを見れば、その選手がどの程度活躍できるかは把握できる。その方が人件費も削げるし、ヨーロッパやアメリカ、日本はスタッツをまとめてくれるサイトさえあるため便利」と続けた。

 ネプチューンズは、キュラソーに本拠地を置くグッド・インテンション・ファウンデーション社と命名権契約を交わしており、それ以外にも大会の優勝賞金などを多く手にしているため、フーフトクラッセの中では「お金持ち球団」の部類に入る。そんな球団の選手との契約事情などについて、現状を尋ねてみた。

人気記事ランキング