野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

衝撃の1文字「ダ」も… 一風変わったソフトバンクの歴代スローガン

12球団のシーズンの目標や、カラーを表すスローガン。各球団が、球団としてのメッセージを込めつつ、ファンへの定着を目指して工夫を凝らし、世に発信していくものである。

スローガンを発表したソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】
スローガンを発表したソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

「連覇というよりも、イチからやっていこうという思い」で「もう1頂!」に決定

 12球団のシーズンの目標や、カラーを表すスローガン。各球団が、球団としてのメッセージを込めつつ、ファンへの定着を目指して工夫を凝らし、世に発信していくものである。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 新たな年を迎えた2018年。1月13日には、昨季日本一に輝いたソフトバンクが新スローガンを発表した。日本一となった2017年は「1ダホー!」の「1」のみを踏襲し、2018年は「連覇というよりも、イチからやって行こうという思い。しっかり足元を見て、1つ1つ積み重ねていこう、積み上げていこうという思い」という工藤公康監督の思いが込められた「もう1頂!」がスローガンに決まった。

 例年は複数の候補が出され、監督、孫正義オーナーの意向を聞いて決定に至るが、今回はヒアリングの段階で工藤監督が発案し「ほぼ独断」で決まるほど、指揮官の思いが色濃く反映されたものとなった。

 2011年の「ダ」や、2015年の「熱男」など、ちょっと変わったスローガンを掲げることの多いソフトバンク。ここではソフトバンクホークスとなった2005年からの歴代スローガンを見て行こう。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬