野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「超がつくほどの真面目」―科学の力を武器とする鷹・バンデンハークの秘密

現在、オランダのエースに君臨するのは福岡ソフトバンクのリック・バンデンハーク投手だ。来日から1軍登板後、元巨人・堀内恒夫氏の記録した初登板からの13連勝を50年ぶりに更新する無傷の14連勝を挙げ、衝撃デビューを飾ったが、活躍までの道のりは簡単なものではなかった。

ソフトバンクのリック・バンデンハーク【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのリック・バンデンハーク【写真:藤浦一都】

野手から投手に転向した剛腕の原点、NPBでは無傷の14連勝デビュー

 近年、国際大会で強烈なインパクトを残す国・オランダ。2017年のWBC第2ラウンドで日本と延長にもつれ込む死闘を演じたことは記憶に新しい。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 現在、オランダのエースに君臨するのは福岡ソフトバンクのリック・バンデンハーク投手だ。来日から1軍登板後、元巨人・堀内恒夫氏の記録した初登板からの13連勝を50年ぶりに更新する無傷の14連勝を挙げ、衝撃デビューを飾ったが、活躍までの道のりは簡単なものではなかった。

 フロリダ・マーリンズに入団後、打撃が安定しないバンデンハークは自身の特徴である強肩を最大限に生かした投手への転向を決断した。その後、2002年から2012年の約10年間、主にマイナーリーグを転々とした。当然、バンデンハーク自身も悩んだが、両親を含め、専属トレーナーたちも大いに悩んだ。故障の多かった右腕を担当していた理学療法士は、オランダで行われている、とあるプロジェクトに最後の望みをかけた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」